女王のトランク 11~15巻 ~セーフワードにシュウの名前を呼んでしまいミヤの鞭打ちプレイ修行を受けるハレカ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『女王のトランク 』11~15巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「女王のトランク」11~15巻 の簡単なあらすじ

伊達メガネを外すことにしたハレカ

ハレカはシュウに家まで送ってもらったのでお礼をいうと、シュウは自分はやりたくてやっているだけだと答えた

ハレカはシュウにはウソをついて頼っているばかりだと思いながら部屋に戻ると、疲れていたので眠ってしまった

そしてあまりに熟睡してしまったので朝になっても目覚ましでも起きないくらいだった

なかなか起きてこないハレカにキレてしまった父親は、怒鳴り声をあげてご飯を作るように命令してきた

父親に怒鳴られてしまったハレカは、ちいのためにも必ずこの状況を抜け出してやろうと心に誓ったのだった

ハレカはどうやったら最高女王になれるのかと考えていると、そこにハレカがタチバナと知り合いだと知って同級生たちが近づいてきた

ハレカはそれを突き放すと、同級生たちはハレカのくせにといい最近調子に乗っていると言った

その言葉を聞いたハレカはまずは自分を女王として扱おうと決め、家の外では伊達メガネは外すことにした

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ハレカの味方だと言ってくれたシュウ

ハレカは叔母であるシュウの母親に、フラワーアレンジメントの展示会に呼び出された

そこでシュウの母親は、ハレカが伊達メガネを外したことを責め始めた

そして父親に従わないなら、ハレカが夜遊びをしていることを父親に報告すると脅した

そこにシュウがやってくると、母親は従わないとシュウもハレカの父親に半殺しになるとまた脅した

それにキレたシュウは思わず手をあげてしまうと、ハレカは思わずシュウの母親を体を張って庇った

それでシュウは、ハレカは自分が母親を殴ると思ったのかというと、その場から去っていってしまった

そんなシュウを見たハレカは、自分がシュウを傷つけたと思ってしまった

しかしそこにナンパ男が声をかけてきたが、そこにシュウ戻ってきて助けてくれた

シュウは、今自分は父親のような顔になっていると言った

その言葉を聞いたハレカは、自分はシュウが母親を殴るとは思っていなかったが、つい体が動いたのだと言って謝った

するとシュウは悪いの自分だというと、自分の母親は自分がどうなっても庇うことはないだろうと言った

そしてシュウは自分の母親は、自分が大やけどを負ったときでも、結局は、父親の暴力と機嫌取りすることが愛の証だと思い込んでいたと話した

そんなことを言ったシュウは、どんなことがあっても自分はハレカの味方だと言ってくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ハレカを部屋に監禁しようとするシュウの母親

ハレカの父親は、突然上司から週末に神戸で講師をして欲しいと頼まれた

そのことを聞いたハレカは、もしかしたら自分が週末にクラブに行けるように、会長が手を回したのかもしれないと思った

それで週末はシュウの家に泊まることになったが、なんとシュウの母親はハレカたちを夜中は部屋に鍵をかけて監禁すると言いだした

ハレカはシュウの母親は自分の父親の言いなりだから、こんなことを言っているのだと思った

それでもハレカは自分だけでなく、ちいまで閉じ込められるのは許せないと思い、シュウの母親にそれには従えないと言った

シュウも母親にハレカの父親のいいなりになるなと言ったが、シュウの母親は逆らったら自分もハレカも酷い目に遭うと言った

しかしハレカは、そんなことをされたら自分たちは火事になったら焼け死ぬしかないというと、絶対に監禁は受け入れられないと断った

そしてハレカが家に帰ろうとすると、そんなことをされたらヤバいシュウの母親は帰らないでと懇願し始めた

ハレカはそんなことをするシュウの母親に、部屋のカギを渡すように要求し、部屋に鍵を受け取った

夜になるとハレカはちいをシュウの部屋に預け、ドレスに着替えてクラブへと向かった

しかしその様子を、シュウに目撃されてしまった!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

シュウをハレカは女子会だと言って納得させるミヤ

ハレカがミヤの車に乗ろうとすると、シュウが追いかけてきた

シュウはハレカにどこに行こうとしているのかと聞いてきたので、そこで機転を利かせたミヤは、 ハレカはDVを受けた人たちの女子会に参加しているのだと話した

それでシュウの誤解を解いたミヤは、車を運転しながら、シュウには絶対にクラブのことは知られてはいけないと注意した

なぜならクラブには権力者が来ているので、そこでSMプレイをしている秘密を知られないように、何でもやってくるだろうと説明した

マリエと勝負することになったハレカ

マリエは高校生の頃に、ソノダの生け花実演ショーを見て感動してしまった

それでソノダはマリエにとって特別な奴隷だったが、ソノダにプレイを求めてもプレイをしてくれなかった

ミヤはハレカに女王の修行をさせるというと、それが気に入らないマリエは、修行が終わったら自分と勝負をしようと求めてきた

そしてマリエはハレカが勝負に負けたらクラブから出ていけと要求してきたので、ハレカはそれならマリエが負けたらマリエがクラブを出ていくように求めた

そこでミヤはハレカの修行を手伝ってくれる奴隷はいないか聞くと、ベテラン女王のマリエが勝つだろうと思った奴隷たちは、なかなか手を挙げようとしなかった

そんな奴隷たちを見ていたタチバナは、そんな奴らと自分は違うと思って手を挙げたが、なんとソノダも手を挙げていた!

それを見たマリエは、絶対にハレカに勝ってやろうと思ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

打たれる修行を受けることにしたハレカ

マリエに勝てる自信がなかったハレカだったが、タチバナは死ぬ気で修行しろと言った

するとソノダも自分が馬になって、修行の場所へと送ってくれると言ってくれた

奴隷がそんなに女王である自分を立ててくれるのかと思ったハレカは、ソノダのお尻を叩いてミヤのいる部屋へと向かった

部屋にやってくると、ミヤはハレカに新しい衣装を用意していた

超ミニスカでHな衣装だったので、ハレカは思わず恥ずかしいと思った

するとミヤは、ハレカに打たれることの快感を教えるというと、まだハレカは打たれる痛みしか知っていないと言った

そのミヤの言葉を聞いたハレカは、自分が奴隷の気持ちをまだ分かっていないのだと気づくと、ミヤに打たれる修行をシテ欲しいと頼んだ

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

シュウの名前をセーフワードにしてしまったハレカ

プレイを始める前に、ミヤはセーフワードを決めるように求めてきた

安全を感じるものを言うように求められたハレカは、ついハレカはシュウの名前を言ってしまった

それを聞いたミヤは、限界だと思ったらシュウの名前を呼ぶように言った

するとミヤはハレカのお尻を鞭で打ち始め、ガマンせずにシュウの名前を呼べばいいと言った

そしてミヤは、今度は虐待の痕のあるハレカの背中を叩きだすと、ハレカは思わず喘ぎ声をあげた

それでもミヤはさらに背中を叩き続け、早くシュウの名前を呼ぶように求めた

それに抵抗してイヤだと言ったハレカは、とうとう倒れ込んでしまった

タチバナはミヤに待つように言ったが、そんなタチバナをミヤは鞭で叩き伏せた

すると今度はソノダがハレカを抱きかかえ、ハレカには自分がついているというと、ミヤに先を続けるように求めてきた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

女王のトランクの続きはコチラ👇

「女王のトランク」11~15巻 を読んでみた感想

最高女王のドレスを手に入れたハレカは、DVを受けている今の状況から抜け出すために変わろうとしてします

まだ父親には立ち向かうことはできないでいますが、自分たちを監禁しようとしたシュウの母親には立ち向かっていきました

そしてとうとう父親の命令でつけていた伊達メガネを、自分の意思で外してしまいましたね

クラブにまたやってきたハレカはマリエの勝負を受けてしまいましたが、タチバナとソノダの協力を得てミヤの修行を受けています

ソノダがハレカの修行を手伝う意図はまだよく分かりませんが、恐らくソノダは会長の顔色ばかりを窺う他の奴隷たちは違って、この状況を楽しんでいるのかもしれません

ミヤはついセーフワードとしてシュウの名前を呼んでしまいましたが、もしかするとその内シュウにクラブのことがバレてしまうかもしれません

そうなるとヤバいですが、ひょっとしたらシュウがハレカの奴隷になってしまうこともあるかもしれませんね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-女王のトランク