女王のトランク 6~10巻 ~タチバナに馬乗りになって素手でお尻を叩くハレカ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『女王のトランク 』を6~10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『女王のトランク』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「女王のトランク」6~10巻の簡単なあらすじ

最高女王の権利行使をする美夜

美夜の手紙が、床に落ちてしまったが

ちいが手紙の上に立ち、隠してくれた

ちいは手紙は、母親からなのかと訊ねたので

ハレカは、友だちからの手紙だと答えた

 

料理に睡眠導入剤を入れて

父親を眠らせたハレカは

チイをシュウに預けて

ドレスを着て、またクラブへと向かった

 

クラブへ到着すると

他の女王たちが、美夜にドレスをあげたことをに

納得がいかないと言い始めた

ハレカは、このドレスは何なのかと

門番に聞いていると、タチバナが

ドレスは会長が最高の女王に贈るもので

送られた女王は、どんなことでも

会長に、命令をひとつできるのだというのだ

 

ハレカは、美夜が会長から

酷い目に遭わされるかもしれないと聞いた

するとハレカはドレスを脱いで

他の女王たちに責められる美夜を助けるため

自分が盗んだのだと言って謝った

 

しかし美夜は、ハレカには女王の資質があるので

ドレスをあげたのだと言って

最高女王の権利を行使すると宣言して

美夜は自分の望みは

ハレカを女王の列に加えることだと言った

 

美夜はハレカに、女王になることは

奴隷たちを本当に守れる女性になることだと言い

女王になりたいのかと訊ねた

ハレカは女王になりたいと答えると

お告げの鐘の音が鳴った

 

⇒『女王のトランク』の無料試し読みはコチラ

 

最高女王を目指すことにしたハレカ

会長の命令で、ハレカはクラブの女王になった

美夜が女王となったハレカに

礼をとるように言うと

ハレカの目の前にいた男たちは

皆、ハレカに跪いたが

美夜はハレカに、目の前の奴らは

会長の権力に跪いた、家畜たちなのだと教えた

 

女王となったハレカを

門番はハレカの部屋へと案内した

宣誓式のために、着替えなければならなかったが

ハレカは、どうしていいのか分からず

戸惑っていた

そんなハレカに、美夜は

自分の美しさに、手を伸ばせばいいのだと言った

 

宣誓式の前に、真っ赤な靴が用意され

会長はその靴を使って

女王たちを最高女王を競わせることにしたのだ

するとそこに、ドレスを着たハレカがやってくると

男たちは、ハレカの美しさに見とれてしまった

 

ハレカの目を見たタチバナは

自分を踏みつけていた時の

欲望に目覚めた目だと思った

ハレカはその赤い靴を見て

これがあればちいを助けてあげられると思ったので

ハレカはこの靴が欲しいと思ったのだった

 

初プレイの相手にタチバナを指名するハレカ

タチバナはハレカに、靴を手に入れようとするのは

止めるように言ったが、ハレカはイヤだといい

タチバナの指図は受けないと言った

そう言われてムカついたタチバナは

ハレカの手を握ると、男性恐怖症のハレカは

思わず震え出した

そんなハレカを、ソノダが助けたが

ソノダは最近、プレイをしていないと言った

 

宣誓式で、ハレカは正式にクラブの女王となった

すると門番は、ハレカの即位の儀として

初プレイをするように言った

美夜はハレカに、ハレカが信頼できる人を

最初のプレイの相手に選ぶように言った

 

ハレカは、タチバナを

最初のプレイの相手に指名したが

タチバナは、嫌がったので

美夜は、タチバナをパアンと引っ叩いて

ハレカに対して謝らせた

 

ハレカはタチバナにプレイを始めようと言って

タチバナの頭を踏みつけて、プレイを始めた

 

⇒『女王のトランク』の無料試し読みはコチラ

 

初プレイでタチバナをイカせるハレカ

初プレイは公開プレイとなったが

ハレカはどの道具を使って

プレイすればいいのか分からなかった

そんなハレカに美夜は

相手の望む所に、思いっきり屈辱を

与えればいいのだとアドバイスした

 

タチバナは、ハレカの持ってきたトランクを見て

美夜にあげたものだと言った

そんなタチバナの頭を踏みつけ

ハレカは、責める道具をタチバナに選ばせた

 

タチバナはパドルを選んだので

ハレカは、どこを叩いて欲しいか訊ねた

タチバナは、お尻を叩いて欲しいと頼んだので

ハレカはタチバナのお尻をパンパン叩き始めた

するとタチバナは、気持ちいいと喘ぎだした

 

タチバナは、自分の体が

ハレカの言葉に従っていくのを感じた

ハレカは、タチバナの歪んだ顔が

とても美しいと感じ始め

もっと叫ぶように求め

もっと顔を歪めるように求めた

 

しかしハレカは手が滑り、パドルを落としてしまった

だがハレカは、手袋を外し

タチバナに馬乗りになって

既でタチバナのお尻を叩き始めた

意気地なしのブタ野郎と罵ると

タチバナは、ああと喘ぎ声をあげて

イってしまったのだった

 

タチバナは、あまりの快感に

気絶してしまった

目を覚ましたタチバナは

美夜を裏切ってしまったと嘆いたが

ハレカは、タチバナはどんなに怒っていても

美夜のためにガマンしていたので

思いっきりプレイできたと言った

そんなことを言ってくれたハレカに

タチバナは、道具を手入れした後

土下座してお礼を言いながら

トランクを返してくれた

 

キレイになって戻ってきたハレカに驚くシュウ

ファミレスでゲームをしながら

ハレカを待っていたちいだったが

そこにシュウの母親から電話がかかってきた

シュウの母親は、ハレカやちいに

関わらないように言ったが

シュウは母親に、それは単に

自分を守りたいからだろうと答えた

 

するとそこにハレカが戻ってきた

とてもキレイになって戻ってきたハレカを見て

何があったのかと、シュウは驚いてしまった

しかしハレカが、男を怖がる様子を見て

シュウはなぜか、ホッとしてしまった

 

しかしその頃、シュウの母親は

これ以上シュウを、ハレカに

関わらせたくないと思っていた

そこでシュウの母親は、なんとハレカの父親に

電話をかけてしまった!!

 

⇒『女王のトランク』の無料試し読みはコチラ

 

女王のトランクの続きはコチラ👇

女王のトランク 11~15巻 ~セーフワードにシュウの名前を呼んでしまいミヤの鞭打ちプレイ修行を受けるハレカ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「女王のトランク」6~10巻を読んでみた感想

ハレカは、美夜の権利行使で

クラブの女王になりました

でも他の女王たちからは完全に

嫌われてしまっています

なんとか初めてのプレイは

タチバナのおかげもあって上手くいきましたが

まだハレカは、男性恐怖症が残っています

プレイを上手く続けられれば

父親から植え付けられた恐怖感も

薄れてくると思いますが

やはりこれまでに受けたDVのトラウマは

なかなか消えないでしょうね

まだ会長はどんな人物なのかは分かりませんが

ソノダは怪しいと思いました

プレイをしていないと言っていたので

会員のフリをして、会員たちの様子を

見ているかもしれませんね

シュウの母親は、シュウとハレカを

関わらせないようにするために

ハレカの父親に電話しています

いくら二人を会わせたくないと言っても

自分自身が恐れている相手に

頼むなんて信じられないです

勝手に夜、出かけてしまったことが

父親にバレてしまいそうですが

この後ハレカは、どうなってしまうのか

とても心配になってしまいますね

 

>>『女王のトランク』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『女王のトランク』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『女王のトランク』を実際に読んでみましょう!

 

-女王のトランク

© 2020 まんがコミック大好き日記