快楽殺人姫 22巻 ~結愛に仲間の居場所を吐くようにいう高雄を倒しトドメを刺すルミカ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『快楽殺人姫』を22巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『快楽殺人姫』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「快楽殺人姫」22巻の簡単なあらすじ

ルミカをただの金づるだという高雄

高雄の口にアイスピックを突き刺したルミカは

高雄が自分を愛していなかったなんて

信じないと言った

高雄は、ルミカの髪を掴み

ルミカの目玉を潰そうとしたので

結愛は体当たりして、ルミカを助けた

 

ルミカは、上京してキャバ嬢になったが

指名をもらえず困っていたときに

高雄に指名してもらって

風俗で働くようになった

そしてルミカは、高雄の子どもを妊娠したが

高雄は子どもを堕ろさせていたのだ

 

高雄は、口に刺さったアイスピックを抜いた

そしてルミカは、単なるて金づるで

ただの売女だと罵った

そして高雄は、アイスピックを結愛の乳首を刺し

仲間の居場所を吐くように言った

 

高雄にトドメを刺すルミカ

しかし結愛は、アイスピックを抜いたことで

どうなるのか考えていないと言い返し

高雄に血ヘドを吐いて死ねばいいと言った

結愛がそう言っていると、高雄の口から

血が噴き出してきた

 

結愛は、高雄に英児と将の居場所を訊ね

教えたら病院につれていくと言った

高雄は、結愛をボケがと言って罵ったので

ルミカは、鉄パイプで高雄を殴り倒し

アイスピックを高雄の首に刺して

高雄にトドメを刺して殺したのだった

 

ルミカを抱きしめ泣く結愛

ルミカは、また自分は

独りになったとつぶやくと

そんなルミカを結愛は抱きしめ

ルミカには、自分がいるからと言ってあげて

自分も同じようにずっと独りだったと言うと

結愛は、泣き出してしまった

 

⇒『快楽殺人姫』の無料試し読みはコチラ

 

快楽殺人姫の続きはコチラ👇

快楽殺人姫 23巻 ~高雄殺しの証拠隠滅を手伝うルミカ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「快楽殺人姫」22巻を読んでみた感想

なんとか結愛は、高雄を倒すことができました

でも高雄は、仲間だった二人の居場所は

吐きませんでした

ルミカは、高雄の子どもまで

妊娠していましたが、高雄はそれを

堕ろさせていました

やはりそんなことをさせて

金を貢がせていたの高雄は

クソみたいなヤクザでしたね

ルミカは高雄を殺して、独りになったと

言っていますが、今まで暴力も振るわれていたので

これでようやく解放されたので

よかったと思います

でも高雄が死んだことで、ヤクザ仲間から

追われる身になってしまうかもしれません

結愛もこれから高雄と一緒に自分をレイプした

英児と将を見つけ出さないといけません

恐らく同じ仲間だったので、ヤクザ繋がりを辿れば

見つかると思いますが

高雄が死んだことで、ヤクザたちも

警戒するハズなので、やはり探すとなると

かなり危険だと思います

この後二人に、どんなことが待ち受けているのか

とても気になってしまいますね

 

>>『快楽殺人姫』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『快楽殺人姫』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『快楽殺人姫』を実際に読んでみましょう!

 

-快楽殺人姫

© 2020 まんがコミック大好き日記