あせとせっけん 4巻 ~香太郎に同棲を申し込まれ考えさせて欲しいと言ってしまった麻子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『あせとせっけん』を4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『あせとせっけん』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「あせとせっけん」4巻の簡単なあらすじ

同僚仲間に麻子を紹介する香太郎

旅行から帰ってきた香太郎は

麻子を抱きしめ、最高の誕生日だったと言った

麻子は会社に行くと、他の女子職員から

交際相手を聞かれ、香太郎だと答えた

大蔵は、入社時から麻子は

周りに壁を作っていたと話し

それが香太郎と交際を始めて

取れてきていると言ってくれた

 

麻子は、今度は香太郎の同僚と

飲むことになった

香太郎に彼女と紹介されて

緊張してしまった麻子だったが

初めて会う、悠二と沙織を紹介してもらった

 

話を聞いていた麻子は

やはり香太郎は、みんなから

慕われているのだと感じた

すると沙織は、二人の出会いを聞くと

香太郎が、麻子のにおいを嗅いだと話すと

ドン引きされてしまった

 

しかし香太郎が、それが商品開発に

つながったのと話していると

麻子は、涙が出そうになった

こんどはこりすが、麻子に

香太郎のどんなところが好きなのかと聞いた

麻子は、胸いっぱいになる言葉を

香太郎がたくさんくれるからだと答えた

その言葉を聞いたこりすは

二人に幸せになってほしいと思った

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

麻子に同棲しようという香太郎

帰宅した香太郎に、部屋の更新通知が届いていた

麻子と暮らしたいと思った香太郎は

麻子に電話して、一緒に暮らさないかと訊ねた

香太郎は、嬉しそうにOKしてくれると期待したが

麻子は、考えさせて欲しいと答えた

 

その答えに落ち込んでしまった香太郎は

悠二に相談することにした

飲み屋に向かっていると、営業部の立石が

声をかけてきた

香太郎は、立石が最近フラれたことを

思い出して、アドバイスが欲しいと頼んだ

 

香太郎は、麻子に同棲をしたいと言ったことを

二人に話すと、悠二は同棲の善し悪しを話し

麻子と結婚を考えているのかと訊ねた

すると話を聞いていた立石は

同棲していた彼女が、子どもが欲しいと言い出したが

それがプレッシャーになって

別れてしまったことを話した

 

立石は、自分がやれる姿を、見せたいと思っていたが

それは自分の見栄にすぎず

そんなことを求めていなかった彼女は

待ちきれなくなって、去ってしまったのだと話し

ちゃんと相手の嫌な面も見て

二人で解決していかなければいけないと言った

 

麻子は、突然の同棲話に困惑して

同僚の坂下に相談した

坂下は、自分の彼氏とは

ゲームを一緒にしたいので

簡単に同棲し始めたと話し

ちゃんと同棲する理由を

自覚しないといけないと言った

 

麻子は、香太郎にダメなところを見られて

嫌われるのではないかという気持ちがあったので

香太郎が自分のことを、どう思っていたいのか

知りたいと思った

 

同棲をOKする麻子

香太郎からも話がしたいと

電話があったので、麻子は香太郎の家に向かった

香太郎は、前から同棲したいという気持ちはあったが

出張の帰りに、麻子の出迎えをしてもらったことが

とても嬉しかったと話した

それで同棲話をしたと、香太郎が話すと

麻子は、その話を聞いて

とてもうれしかったと言った

 

麻子は、顔を赤くしながら泣きだし

香太郎と暮らすことは幸せだが

同時に不安なのだと言った

自分のダメなところを見られて

幻滅されるのが怖いと言うと

香太郎は、麻子のことがもっと知りたいので

ずっと麻子と、一緒にいたいと言った

そして香太郎が、麻子を抱きしめると

麻子は、このまま泊めて欲しいと言った

 

麻子は、香太郎に抱かれながら

自分も一緒に暮らしたいと言って

その先をどう考えているのか聞いた

香太郎は、二人で過ごしながら

お互いが納得出来れば

結婚してもいいと言ってくれた

 

翌日、二人はブレストをすることにした

お互い思いついたことを

付箋に書いて貼っていった

シーツの洗濯頻度なども

お互いが納得できるように話し合った

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

お互いの親に挨拶するを決めた二人

二人は夕飯の買い出しに出かけたが

麻子は、同棲をする前に

お互いの親に、話す必要があると言った

香太郎は、ちゃんと挨拶に行っていいと言ったが

自分が麻子の親に、どう見られるのか

気になってしまった

 

そこで香太郎は、桂太に相談するこにした

桂太に、同棲するつもりだと話し

もう一度自分を、値踏みして欲しいと頼んだ

すると桂太はまず、香太郎には

モテオーラが出ていると言って

女遊びをしているように見えると言った

 

そして桂太は、かなり父親のことを誇張して

怖そうに思わせて、香太郎を怯えさせた

桂太は、迷っていたら

反対するつもりだったが

二人が話し合って決めたことなら

自分が口だしすることじゃないと言った

 

麻子の香太郎に作った初めての弁当

麻子は、ブレストの結果を見ながら

自分の持っている不安を

拭い去らなければならないと思った

そこで麻子は、香太郎への弁当を

作ってみることにした

 

出来上がった弁当は、会心の出来だった

しかし香太郎の予定を、確認しておかなかったので

なかなか弁当を渡せないでいた

香太郎は、お昼が食べられなかったといって

お弁当が食べたいとメッセージを送ってきた

麻子は、強引に職場を抜け出して

香太郎にお弁当を渡そうとしたが

弁当に、液漏れが起きてしまった

 

やってきた香太郎に、液漏れをしたことを話すと

香太郎は気にせずに、一口食べて

おいしいと言ってくれた

そして次に作ってくれるときは

二人で一緒に食べようと、香太郎は麻子に言った

 

※この後に麻子と香太郎が、逢い引き場所で

イチャイチャする、逢い引きマップのお話と

番外編の初めての甘いにおいのお話が、掲載されています

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

あせとせっけんの続きはコチラ👇

あせとせっけん 5巻 ~麻子の父親に同棲で保険をかけていると言われ答えに困ってしまう香太郎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「あせとせっけん」4巻を読んでみた感想

会社の仲間にも、交際していることを

公表することができて

二人の交際は、周囲にも認められつつあります

香太郎は、部屋の更新が近づいてきているので

麻子に同棲をしようといいましたが

麻子はいきなりだったので

ちょっと戸惑ったみたいです

確かに好きな人とはいえ

やはり一緒に住むというのは

ちょっと考えないと決められないことです

一緒に住んでいると、どうしても自分や相手の

ダメなところを見えてしまいます

でも結婚するとなれば、それもお互いに

認め合わなければならないので

やはり二人は同棲して、無事結婚へと

向かっていって欲しいですね

同棲する前に、お互いの親に

挨拶に行くことになりましたが

まずは麻子の親に、香太郎が行くようです

でもまだあまり明らかになっていない

香太郎の両親のことも早く知りたいですね

 

>>『あせとせっけん』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『あせとせっけん』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『あせとせっけん』を実際に読んでみましょう!

 

-あせとせっけん

© 2020 まんがコミック大好き日記