あせとせっけん 2巻 ~香太郎を弟の桂太の店に連れていく麻子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『あせとせっけん』を2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『あせとせっけん』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「あせとせっけん」2巻の簡単なあらすじ

香太郎をラブホに誘う麻子

麻子はこりすに、領収書のことを確認した

こりすは仕事で、ずっと香太郎と

行動を共にしていると知って

麻子は落ち込んでしまった

こりすがバラ園に行ったときの話をして

素敵だというと、麻子は香太郎らしいと言ったので

こりすは、麻子と香太郎と関係があるのだと思った

 

麻子はこれまで、自分に自信がなくて

ずっと人に譲ってきたが

一緒にご飯を食べていた香太郎を見ながら

この人だけは譲ったりしたくないと思った

帰り道で、酔ってしまった麻子は

思わず香太郎を、ラブホに誘ってしまった

 

部屋に入るとコンドームがあったので

本当にラブホに来たのだと思った

誘ったのは麻子だと香太郎言って

麻子を押し倒した

麻子はシャワーを浴びたいと言ったが

香太郎は、麻子の甘い香りを嗅ぎたいと言って

それを許さなかった

 

朝帰りになってしまった麻子は

別れ際に香太郎にキスをしたが

仕事で現実に戻ると

恥ずかしくて仕方ない麻子だった

 

運動音痴だった香太郎

麻子たちは、会社の社員旅行に行った

部署対抗の卓球大会が始まったが

麻子のいる経理部と香太郎のいる商品開発部が

最初の対戦となった

しかし香太郎は、すごい音痴で

ろくにサーブも決まらなかった

 

しかしそんな香太郎を見た麻子は

自分は香太郎のことを知らなかった思ってしまい

香太郎も自分と人間なのだと感じて

もっと自分の知らない香太郎を知りたいと思った

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

部長に香太郎との関係がバレてしまった麻子

麻子を見かけたこりすは

香太郎に麻子を紹介した

二人は、交際していることを

秘密にしていたので

お互いに初対面のフリをした

 

香太郎と話がしたくなった麻子は

飲んでいた香太郎を呼び出した

酔っていた香太郎は

麻子に抱きついてきた

麻子は、香太郎が運動音痴なのを知って

共感できたと話すと

香太郎は、小さい頃の全盲になってしまった

母親との思い出を話しだした

 

香太郎は、麻子の膝枕で眠ってしまった

そこに部長が声をかけてきた

部長は、麻子の最近の様子を思い出し

二人がつき合っているのだと気づいて

麻子に大丈夫だと目配せして

香太郎を、部屋へと連れて行ってくれた

 

風邪をひいた香太郎を看病する麻子

旅行から帰ってきたが

香太郎は熱を出して、仕事を休んでしまった

体温計もないと知った麻子は

定時で仕事をあがって

いろんな物を買って、香太郎の部屋へと向かった

 

麻子は、香太郎に

たまご粥を作ってあげると

それを食べた香太郎は元気を取り戻した

麻子は、自分たちの関係が

部長にバレたと話して

香太郎がお礼をしたいと言ったので

麻子は、頭をポンポンして欲しいと言った

 

香太郎は、麻子がこりすのことを

気にしているのだと知って

こりすを妹みたいに扱うのは

止めるといいながら、麻子の頭を

ポンポンしてあげたのだった

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

母のゆり子に彼氏が出来たと報告する麻子

実家に帰省した麻子は

母親のゆり子に、彼氏が出来たと報告した

そこに帰ってきた弟の桂太は

麻子の様子を見て、男が出来たのかと疑った

父親の勝臣と麻雀をした麻子に

ゆり子は、もう麻子も

お嫁に行く年になったと言って

いつでも家に、連れてきてもいいと言ってくれた

 

実家から戻ってきた麻子は

香太郎の部屋に行った

そして桂太が、レストランで

コックをしていると話して

香太郎と一緒に食べにいきたいと言った

 

麻子は家に戻ると

桂太に彼氏が出来たと報告したが

桂太は、彼氏が麻子に相応しいか

品定めしてやると意気込んだ

 

香太郎の品定めをする桂太

桂太の店にやってくると

香太郎に対して桂太は

いきなり左手で握手を求めてきた

そして桂太は、わざと香太郎には

イタリア語のメニューを渡して

嫌がらせをして反応を見たが

香太郎は、かなり手強い相手だと感じた

 

香太郎は、桂太の作った料理を食べながら

自分も桂太と同じように

名前で呼んで欲しいと求めてきた

そこに桂太が、料理を運んできたが

香太郎は、安心するにおいがすると言った

 

料理を食べていた麻子は

少しだけバゲットが欲しいと思った

そこで麻子は、香太郎のバゲットを

半分だけ欲しいとおねだりした

 

食事を終えた香太郎に

桂太は、麻子は小さい頃から

欲しい物があってもガマンしていたが

香太郎におねだりする麻子の姿を見て

香太郎が麻子を、変えたのだと言った

そんなことをいう桂太に

香太郎は麻子を大事にすると答えた

 

麻子は食事を終えた後

香太郎と一緒に帰っていたが

家族に紹介出来て幸せだと言って

香太郎の名前を呼んで、お礼を言った

香太郎は、そんな麻子を抱きしめたが

大事にしますとしか、言葉にできなかった

 

とにかく麻子を抱きしめたくなった香太郎

病気が全快した香太郎は

麻子をとにかく抱きしめたいと言った

どうぞと言った麻子を香太郎は、麻子を抱きしめると

麻子のにおいがしてきて

結局、香太郎はその先までしたくなってしまった

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

あせとせっけんの続きはコチラ👇

あせとせっけん 3巻 ~香太郎の誕生日祝いに温泉旅行に行く麻子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「あせとせっけん」2巻を読んでみた感想

麻子は、こりすから

香太郎との関係を疑われています

こりすはどう見ても、香太郎とは

先輩後輩の感情以上のものを

持っているように見えるので

その内、麻子に対して敵対心を

見せるようになるかもしれませんね

麻子は、香太郎とつき合っていることを

母親に話して、弟の桂太に香太郎を紹介しました

桂太は、香太郎にかなり敵対心を向けていますが

恐らくシスコンなんでしょうね

麻子はいずれ、父親の勝臣にも

結婚前提のお付き合いだといって

香太郎を、紹介できたらいいですね

 

>>『あせとせっけん』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『あせとせっけん』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『あせとせっけん』を実際に読んでみましょう!

 

-あせとせっけん

© 2020 まんがコミック大好き日記