読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~ 1巻 ~ムーのために手作りのバッグを作ってくれた母に投げ返して帰ってと言ってしまった彩 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~』を1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」1巻の簡単なあらすじ

1歳半になっても言葉を話せないムー

彩は、まだ産まれていない赤ちゃんのために

英語教材を買ったりして

お腹の赤ちゃんが、産まれてくるのを心待ちにしていた

 

そしてとうとう元気な女の子が生まれ

名前はムーと名付けた

しかし1歳半になっても、ムーは言葉が話せず

彩は一度ムーを、病院で見てもらうことにした

診察を待っていると、ムーはいきなり駆け出したり

止まったかと思うと、いきなりグルグルと

回り出したりした

 

ムーが自閉症だと知って愕然としてしまう彩

医者は、彩にいくつか質問して

ムーの動きを見ると

言葉を話すのが遅れたりするが

人とは違う受け止め方をするタイプの

子供なのだと説明した

 

彩は、医者の言っていたことの意味が

よく分からなかったが

ムーのオムツを替えていると

他の母親たちが、ムーは自閉症ではないかと

話しているのを聞いてしまった

 

気になった彩は、本で

自閉症のことを調べると

ムーと同じ症状が書いてあり

治ることはないと書いてあった

 

家で夫にそのことを話すと

夫は、ムーは病気じゃないと言って

ムーが自閉症だと認めようとしなかった

するとそこに、保健師から電話がかかってきて

施設の見学を勧めてきた

 

ムーを施設に預けることに決めた彩

ムーを連れて施設に行くと

そこには自閉症やダウン症などの子供がいて

保健師は、この施設に通うことは

ムーが障害児だと認めることになると説明して

障害の判定を待つより

ムーに必要なサポートをしてあげるように勧められた

 

彩は、施設に入れることは保留にして

いつも一人でムーを公園へ連れて行き

遊ばせていたが、このままでは

余計に成長が遅れるだけだと思い

保健師に連絡して、施設に入れることにした

 

ムーに知的障害があると言われ絶望する彩

枠が空くまで、あそびの会に

通うことになったが

夫が家事や子育てにあまり協力的ではないので

つい文句を言ってしまった

寝坊して夫の弁当を作れなかった彩だったが

ムーの目が、ときどき

白目になっていることに気づいた

 

施設の人に相談すると、チックだと言われ

一度小児科で診てもらったほうがいいと言われた

帰りが遅くなると連絡してきた夫は

現実を見たくないのだろうと思ってしまった

 

病院へムーを連れていくと

やはりチックと診断された

彩は、医者に本当に自閉症は

治らないのかと訊ねると

まだ断定はできないが、なんらかの

知的障害はあると言われてしまった

そして医者は、一生ことばを話さない人

いると言うので、彩は絶望してしまった

 

⇒『ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~』の無料試し読みはコチラ

 

夫にキレて入水自殺を図ろうとする彩

病院からの帰り道で

他の子供たちとすれ違うたびに

もう普通の親子の会話は

出来ないのだと思った

帰宅した彩は、自閉症の本を

夫に読んでもらうために渡そうとしたが

夫は本を受け取らず、知的障害があると

言われたと伝えても、話を聞こうとしなかった

 

それで彩はキレてしまい

一人で勝手に食べればと叫んで

そのまま家を飛び出してしまった

海に行った彩は、自分とムーの

二人ぼっちになってしまったと感じ

彩は、こんなハズではないと思い

家族まで壊れてしまったと絶望してしまった

 

そして彩は、そのまま海の中に入り

死んでしまおうと思った

しかしムーは、夜空に浮かぶ月を見て

とても喜んだので

あたしは何をしていたのかと思った彩は

正気を取り戻し、ムーにがんばるからと言って

家に帰ることにした

 

彩が離婚を考えていたと知って謝る夫

彩は、役所で離婚届をもらってきた

帰宅した夫は、転勤の希望を

出してきたと言ったので

彩は、どうしてそんなことを

勝手に決めたのかと責めた

 

しかし彩は、熱を出してしまったので

夫は彩を、病院へと連れていった

彩に代わって支払いをしようとした夫は

彩が離婚届を、もらってきていたことに気づいた

 

夫は彩に、ムーが自閉症だということを

簡単には受け入れられないと話したが

ムーに言葉を教えるために

転勤希望を出したと言った

彩は、自分が勝手に離婚を考えていたことを

謝ろうとしたが、その言葉を遮って

夫は自分が悪かったのだと謝った

 

夫が転勤することもあって

引っ越しすることになったが

彩も夫も、遠回りにはなったが

ムーのペースで、成長すればいいと

思えるようになってきていた

 

⇒『ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~』の無料試し読みはコチラ

 

自閉症に理解のない彩の母親

施設に入園して、彩は初めてムーを連れていくと

他の親たちの会話には、ついていけなかった

お互いの親には、自閉症のことを話したが

あまりすぐには理解してもらえなかった

 

彩が帰宅すると、彩の母親が家に来ていた

母親は、まだ自閉症のことを

ちゃんと理解していない上に

とても自分勝手なので

彩は先が思いやられると感じた

 

彩はムーを迎えに行ったが

ムーは喜ぶような様子はなかった

落ち込んでいた彩に、他の自閉症の子の母親は

死のうと思ったときもあるが

子供に教えられることもあって

喜びも感じられるようになったと話した

 

母親にキレて来ないでと言ってしまった彩

彩は、ムーにバッグを作ってあげようとしていた

それを知った彩の母は、彩を育てていた時のことを思いだし

ムーのためにバッグを作ってあげることにした

彩は施設で、感覚過敏のことを聞いてみたが

説明を聞いても、どう育てたらいいのか

やはり分からないでいた

 

彩の母は、バッグを持ってきたが

自閉症をよく理解出来ていない母親は

育て方に文句を言った

彩は母親に、帰ってと言って

母が持ってきたバッグを、投げつけてしまった

そして母親にもう来ないでと

言ってしまったのだった

 

自閉症を勉強していた彩の母

それ以来、母親は家に来なくなってしまったが

彩の心は沈んだままだった

母が子供の頃に、本を読んでくれていたとこを思い出し

母なりにがんばって育ててくれたことを

知っていたからだった

そんな状況を終わらせるために

夫は、勝手に彩の両親と会う約束をした

 

彩の母親は、こっそりと

ムーの通っている施設を見に行った

スーパーに買い物に行くと、ムーが白い目で

見られたり、舌打ちされたりしていた

そしてムーが、魚の入ったケースを

倒してしまうと、一人のお年寄りが

彩は躾けのできないバカ親だと罵った

 

すると彩の母親は、馬鹿はお前だと言って

そのお年寄りを、クソババアと罵り返し

ムーは自閉症なので、躾けが原因ではないと言って

自分が調べた、自閉症の研究ノートを取り出した

 

そのお年寄りが去ってしまうと

彩の母親は、彩に自分が勉強不足だと言って謝って

自分の中では、彩はまだ子供のままだったのだと言った

その言葉を聞いた彩は、子供のことを想う母の気持ちが

ようやく自分も分かってきたのだと思った

そして母親に、バッグはちゃんと使わせてもらって

自分にしかできないことを

ムーにしてあげるつもりだと言った

 

新居に引っ越してきた彩に

母親は、小さい頃の彩に読んであげた

絵本を大量に持ってきた

自分と母の思い出の詰まったその絵本を

ムーに読み聞かせしてあげながら

自分とムーの思い出を足していこうと

彩は思うのだった

 

⇒『ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~』の無料試し読みはコチラ

 

ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~の続きはコチラ👇

ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~ 2巻 ~津川先生のキツい言葉にムカついてあんたには絶対に分からないとキレて施設をやめたいと言い出す彩 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」1巻を読んでみた感想

彩は、初めての子供のムーが自閉症で

一度は自殺を図ろうとするまでに

追い詰められてしまいました

障害のない子供を育てるだけでも

大変ですが、障害を持った子供を育てるのは

周りの人に頼ろうにも、下手をすれば

間違ったことを言われたりして

さらに追い込まれてしまったり

してしまいます

彩の夫も、最初はムーが自閉症だと

受け入れられなかったので

彩は離婚まで考えてしまいましたが

夫も転勤願を出したりして

なんとか彩を助けようとしていたので

夫なりに苦しんでいたのでしょう

彩の母親も、彩から拒絶されてしまったのは

かなり堪えたようです

いきなり孫が自閉症だと言われても

やはり知識がないと、家族も

どうしていいのか分からないでしょうね

このマンガや本などで、自閉症について

理解のある人が増えれば

障害を持った子供を育てやすい

環境になるのではないかと思いました

 

>>『ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~』を実際に読んでみましょう!

 

-ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.