読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

虐殺裁判 1~3巻 ~背中を角材で叩かれ指を万力で潰される神事がある久舘村 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

「それで殴ればいいんだよ。難しいことじゃないだろう?」

山間にのどかな田園風景が広がる久舘(ひさたて)村

都会から移り住んだばかりの天ヶ瀬涼とその家族は

村に根付く異様な因習に目を疑った

村のルールを破った罪人は

すべからく血祭りに上げられるべし

些細な理由で滅多打ちにされる住人たち

静かな狂気に満ちた村の一角で

天ヶ瀬一家の長女がある事件を起こしてしまい…!?

タイトル 虐殺裁判
作者 あきつみずほ
価格 150円(税抜き)

『虐殺裁判』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『虐殺裁判』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒『虐殺裁判』を今すぐ無料試し読み👆

 

「虐殺裁判」1~3巻の簡単なあらすじ

村民に殺される友香

友香は、神社に入り写真を撮っていたので

村人たちに捕まっていた

そして村人の一人が、カメラの写真を

確認すると、ある写真を見つけ

帰せなくなったと言った

 

男たちは、杭の洞行きを決め

友香を激しく殴打した

そして山奥に連れていき

洞の穴に、友香を投げ落としてしまった!

 

久舘村へと引っ越してきた涼たち家族

涼は、妻の楓と娘の美野里とともに

久舘村へと引っ越してきた

岩上に家を案内してもらうことになったが

村内放送を聞いた岩上は

遅かれ早かれかなと

何か意味深なことをつぶやいた

 

家に到着した涼は、岩上と一緒に

村の会合に顔を出すことにした

会合に向かう途中で

涼は、美野里が喘息持ちなので

村に引っ越してきたと話して居ると

村の至るところに、監視カメラが

あることに気づいた

 

するとそこに、角材を持った

久我山たちがやってきた

久我山は、『テイ』が決まったので

角材を持ってきたと言ったが

その角材には、握りの部分以外は

なぜか黒ずんでいた

 

⇒『虐殺裁判』の無料試し読みはコチラ

 

テイで背中を殴られる林田

公民館へとやってくると

中では、男が角材で背中を殴られていた

う… ウソだろ…!?

動揺する涼に、岩上はお手本として

角材で男の背中を、思いっきり殴りつけた

 

岩上は、涼にも殴るように要求したが

そこにやってきた林蔵は

無理強いはいけないと言って

殴られていた林田は、不祥事を

起こしたので、神事にかけれらているのだと

涼に説明した

 

更に林田は、村人たちに殴られ続けた

林蔵の指示で、涼は角材で

林田の背中を触れるだけで

済ませてもらった

 

村のことを怪しむ糸島

林田の実家の店に、買い物に行ったが

林田の母親も、息子が殴られたことが

当然だという反応だった

家に帰ると、近くのお店の小百合が

挨拶に来ていた

そして後からやってきた小百合の夫の

糸島が作った野菜を持ってきた

 

糸島に涼は、テイのことを

知っているのか訊ねたが

糸島は、半年前に村にやってきたが

店の仕事が忙しくて、会合には

参加できていないと答えた

糸島は、監視カメラのことを

村人に聞いたりして、村には何か

あるのだと感づいていた

 

⇒『虐殺裁判』の無料試し読みはコチラ

 

消防団の見廻りをする涼

涼は、消防団の見廻りに駆り出された

水城に村を案内してもらいながら

見廻りをしていたが

山の中腹に、神社らしき建物を見つけた

水城は、古い祠だと答え

まともな道もないので

近づかないほうがいいと忠告した

 

見廻りを終えて、糸島の店で

朝食を食べることにした

すると一人の男が、店の中に

逃げ込んできて、追いかけてきた村人が

店の中に追いかけてきた

捕った男は、バイク事故を起こして

『ヘイ』という、テイより上の罰を

受けるのだというのだ

 

監視カメラの映像を確認してもらう涼

家に帰る途中の楓と美野里だったが

お地蔵様の前で、警官の阿川に声をかけられた

楓と阿川が話している間に

美野里はお地蔵様を触ると…

お地蔵様の首が落ちてしまった!

 

阿川は、見逃せないと言い張ったので

監視カメラを見ることができる

充と絵里に、映像を確認してもらうことになった

映像を確認すると、美野里には

責任がないと判明して、阿川は美野里に謝った

そこで涼は、充に頼んで

バイク事故の映像も見せてもらった

 

映像を確認した後、林蔵がやってきて

阿川に、バイク事故で捕まった市村にはヘイを

そして阿川には、テイを執り行うと伝えた

阿川は、もう3回もテイを受けたと話し

充や水城は、仕方がないと

当然のことのように言った

 

⇒『虐殺裁判』の無料試し読みはコチラ

 

ヘイで指を潰される市村

涼と糸島が、公民館へと行くと

早速、阿川のテイが始まった

そして市村は、万力のような指締め具に

指を挟まれていた

すると村民の一人が、その器具を

ゆっくりと締め始めると

指を潰され始めた市村は

苦しみ始めた

 

水城は、平然とした表情で

ちゃんと人道的なやり方でやっていると言い

他の村民たちも、何気ない雑談をしたりして

慣れているようだった

 

テイを受けて死んでしまった阿川

テイを終えた阿川は、泡を吹いていた

そこに医者の敦子が駆けつけてきて

阿川の死亡を確認した

涼は、阿川が死んだと知って

動揺してしまった

そんな涼に、敦子は

テイくらいで死ぬのは

勘弁して欲しいと愚痴った

 

糸島と外で二人で話していると

そこに岩山がやってきた

テイやヘイのことを涼が訊ねると

岩山は、良くないものを

懲らしめる神事だと答えた

激しく動揺する涼だったが

糸島は自分たちも慣れないと

いけないと岩山に話を合わせた

 

すると遠くから、お囃子の音が聞こえてきた

その音を聞いた絵里は

クロウシ様だと言い、村で

不幸事があったときに行われるのだと言った

 

⇒『虐殺裁判』の無料試し読みはコチラ

 

「虐殺裁判」1~3巻を読んでみた感想

久舘村へと引っ越してきた涼たち家族ですが

なにやらヤバい風習があるようですね

悪いことをしたら、角材で殴られたり

もっと酷いと、指を潰されていました

でも最初の場面からすると

それだけではないように思います

あの祠には、何かがあるので

それを撮った友香は、殺されてしまったのでしょう

テイやヘイの現場を見せられた涼や糸島は

かなり動揺しています

このまま村にいたら、いつか二人や家族も

テイやヘイを受けてしまうかもしれませんので

早く村から逃げたほうがいいように思いました

これから村で暮らしていく涼たち家族に

何が起こってしまうのでしょうか

とても心配になってしまいますね

 

>>『虐殺裁判』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『虐殺裁判』のを読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『虐殺裁判』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『虐殺裁判』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『虐殺裁判』を今すぐ無料試し読み👆

-虐殺裁判
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.