読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

リセット~囚われの全身整形~ 6巻 ~継母が産んだ自分の子供を殺してしまったユウスケ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『リセット~囚われの全身整形~』6巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『リセット~囚われの全身整形~』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「リセット~囚われの全身整形~」6巻の簡単なあらすじ

家から出ないようにいうシノブ

屋敷の敷地から出ようとするユウスケに

シノブは、資産があるので

仕事はしなくてもいいし

買い物もネットでできるので

外出しなくてもいいと言って

ユウスケをヒサヤと呼んで

ここからでないように言った

 

ユウスケの継母は、大学に入学して

寮に入ったユウスケに、マメに帰るように

約束させ、約束破ったら

ユウスケを殺して、自分も死ぬと言っていた

 

自分の子供を殺してしまったユウスケ

継母のことを夢で見て、うなされていたユウスケは

起こしてくれたシノブに、自分は

汚れた人間なのだと言って

自分は人を、殺したのだと言った

 

継母は、家をはなれたユウスケに

狂ったように、メッセージを送っていたが

ある日を境に、なぜか連絡は途絶えてしまった

気になって家に戻ると、継母は

赤ちゃんを抱いていて

ユウスケの子どもだと言った

継母は、3人で仲良く暮らそうと言ったが

ユウスケは、もう耐えられなくなっていた

 

継母は、いっしょにいたくないというユウスケに

好きにしたらいいと言って

その子どもをを夫やユウスケと

同じように愛してあげると言ったので

ユウスケは、自分や父親の血を

断ち切らないといけないと思い

その赤ちゃんの首を絞めて、殺してしまったのだ

 

⇒『リセット~囚われの全身整形~ 』の無料試し読みはコチラ

 

ヒサヤを殺したというシノブ

そのことをシノブに話したユウスケは

シノブと一緒にはいられないと言った

しかしシノブは、自分もユウスケと

同じだと答え

自分もヒサヤを殺したのだと明かした

シノブは、ヒサヤが婚約者を連れてきたので

殺してしまったのだと話した

 

そう言うシノブを見て、ヒサヤは

シノブと自分は同じなのだと感じ

継母を憎みながらも愛していた自分は

シノブと同じ罪を背負って

堕ちていくのだと思った

 

継母に会いに行ったユウスケ

瑠生がメンテナンスにやってきたが

ユウスケは、とても辛そうな顔をしていた

ユウスケは、シノブといると

過去ばかり思い出してしまうので

姿はリセットできても、自分の罪や苦しみまで

リセットできないと言った

 

そして自分は、継母を不幸にしてしまい

誰かを幸せにはできないのだというと

瑠生は、継母がどうなったのか

確かめるように言った

 

自分の家にやってきたユウスケに

継母が声をかけてきた

継母は、ユウスケの声が

知り合いの声に似ていたと言って

抱いていた赤ちゃんを見せた

 

母親は、赤ちゃんが自分より

父親にソックリだと言ったが

赤ちゃんの人形を抱いていた継母は

ミルクをあげると言って家に入っていった

そして近所の人は、継母は

家族がみんな消えてしまったので

頭がおかしくなったと話した

 

⇒『リセット~囚われの全身整形~ 』の無料試し読みはコチラ

 

ユウスケに移植されていたヒサヤの唇

落ち込んでいた瑠生は

死んだ人を蘇らせる思いは

間違っていないはずだと言った

如月は瑠生に、休むように言って

瑠生が辛いのなら、リセットプログラムから

降りてもいいのだと言った

しかし瑠生は、どんなに辛くても

自分のクランケを見つけて欲しいと

如月に頼むのだった

 

継母に会って帰ってきたユウスケは

シノブに、自分はヒサヤにはなれないと言った

他の人をヒサヤにして欲しいと頼むユウスケに

シノブは、ユウスケだけが

拒絶反応がなかったと答え

ユウスケの唇は本物のヒサヤの唇を

移植したものだと教えた

 

瑠生は、自分の部屋に戻ると

ベッドにあった首を手に持って

冴生に会いたいといった

 

シノブから逃げ出したユウスケ

シノブが目を覚ますと、ユウスケはいなくなっていた

ユウスケの残した手紙には

シノブの弟や恋人になることに、耐えられなくなったので

シノブのいちばん大事なものを返すと書いてあった

そして手紙の中には、ユウスケに移植された

ヒサヤの唇が入っていた

 

シノブの屋敷から逃げるユウスケは

マスクをしていたが、血が滲み出していた

自分は人や自分をころしたと呟いていた

 

⇒『リセット~囚われの全身整形~ 』の無料試し読みはコチラ

 

「リセット~囚われの全身整形~」6巻を読んでみた感想

瑠生は、死んでしまった冴生の代わりを

見つけようとしているようです

それでリセットプログラムに関わっていますが

ユウスケも結局、逃げ出してしまったので

落ち込んでいます

どれだけ外見を同じにしても

結局、中身は別の人です

心を移植出来る訳ではないので

見た目が同じ分だけ、余計に

苦しくなるかもしれませんね

逃げ出してユウスケは

自分のことを責めてますが

自殺してしまわないか心配です

自分が犯してしまったことは

完全には許せないかもしれませんが

前を向いて自分の幸せを掴んで欲しいですね

 

>>『リセット~囚われの全身整形~』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『リセット~囚われの全身整形~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『リセット~囚われの全身整形~』を実際に読んでみましょう!

 

-リセット~囚われの全身整形~

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.