社畜と少女の1800日 8巻 ~沙耶が男性教師の子供を妊娠していると知って涙が溢れ出る将彦 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『社畜と少女の1800日 』8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『社畜と少女の1800日』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『社畜と少女の1800日』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『社畜と少女の1800日』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「社畜と少女の1800日」8巻の簡単なあらすじ

イタリア料理店でバイトを始めた優里

優里は自分がここにいられるのは桐谷や将彦のおかげだと思ったが、沙耶と将彦が付き合っていると聞いたとき、同じ気持ちになってしまった

部活でお菓子を作った優里に、部長は来月のメニューは優里に決めてもらおうと言った

するとそこに部長の彼女がやってきた

テニス部部長でとても美人な彼女だったが、部長の料理で落ちたというのだと聞いて、優里は将彦においしいものをたくさん作ってあげようと思った

 

優里はナナと晩ご飯を食べにいくと、ナナの店で働きたいと言ったが止めるように言われてしまった

すると食事をしていたお店のバイトの子が辞めてしまったというので、ナナの紹介で優里はそのイタリアお店でバイトすることになった

 

⇒『社畜と少女の1800日』の無料試し読みはコチラ👆

 

優里とは気楽に喋れるという浅岡

バイトが終わって一人で帰っていると、そこに浅岡もバイト帰りだった

浅岡は家にお金を入れないといけないので、掛け持ちでバイトをしているのだと言った

お互いバイトをしているので、浅岡は優里とは気楽に喋れると言ってくれた

 

家に帰った優里は、早速お店で習ったパスタを将彦に作ってあげた

それを食べた将彦は、まるでプロが作ったみたいだと喜んでくれた

優里は桐谷は料理は上手いのかと聞いたが、将彦は食べたことはないと答えた

桐谷は朝早くから出張なので将彦の家に泊まって朝早くに出かけたが、優里には出かける桐谷の姿が輝いて見えた

 

部活でロールケーキを作ったので、バイトで来ていなかった優里に、浅岡がケーキを持っていくことになった

家に行くと母親からあがっていくように言われ、晩ご飯も食べていくように誘われたので、準備を手伝うことにした

帰宅した浅岡は、優里の作った味噌汁と飲むと、思わずうまいと言った

家に帰る優里を、浅岡は途中まで送ってあげた

 

将彦に昭和の味の料理を作った優里

イベントに駆り出された将彦だったが、手伝いで梓もティッシュ配りをした

梓は貝塚はマスクをとったら、八重歯がとても可愛いのだと言った

家に帰ると梓は、将彦の女性の好みを聞いた

アイドルはみんな子供だから、関心がないと将彦は答えた

 

優里は部活のメニューを将彦の好みを聞いて、昭和の味のする喫茶店のナポリタンにした

料理を作っていると、幽霊部員の光がやってきて、料理を作っているところを動画に撮った

 

帰宅した優里は、将彦にナポリタンを作ってあげた

すると将彦は、昭和の味がすると言って感動して食べてくれた

 

⇒『社畜と少女の1800日』の無料試し読みはコチラ👆

 

沙耶が妊娠していたと言って衝撃を受ける将彦

優里が帰宅途中で、雨が降ってきてしまった

雨宿りをしていると、そこに浅岡がやってきた

浅岡は雨に濡れてしまった優里を見て、下着が透けているので自分のパーカーを貸してくれた

 

将彦も、家に向かって帰っていたが駅で沙耶を見かけた

しかし沙耶は男性教師と待ち合わせしていて、その上に妊娠までしていた

帰宅した将彦は晩ご飯を食べていたが、沙耶のことが忘れられずに思わず涙があふれ出してしまった

 

将彦は桐谷から、共同経営者の件をどうするか聞かれた

それで将彦は自分には向いていないと答えると、桐谷に本当に自分のことが好きなのかと訊ねた

しかし桐谷は、将彦との結婚は仕事で便利だからだと答えただけだった

 

優里に告る浅岡

今度は優里がバイトで来れなかったので、将彦が部活で作った料理を家まで持っていくことになった

その料理を将彦に渡して帰ろうとしていると、そこに優里が帰ってきた

 

浅岡は料理を父親に渡したというと、優里はその人は父親ではないと言ってしまった

そのことを将彦に話すと、将彦は父親でないと否定してしまうと、また誤解されて犯罪者扱いされるからだと答えた

 

翌日、浅岡は優里に一緒に帰ろうと誘った

浅岡は将彦のことを訊ねたが、優里はそれには答えなかった

浅岡は途中でたい焼きをおごって食べ終わった優里に、好きだとコクってきた!

 

⇒『社畜と少女の1800日』の無料試し読みはコチラ👆

 

社畜と少女の1800日の続きはコチラ👇

社畜と少女の1800日 9巻 ~浅岡からキスされそうになっても身体が拒否してしまう優里 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「社畜と少女の1800日」8巻を読んでみた感想

将彦は桐谷に自分のことが好きなのかと訊ねましたが、桐谷は否定しています

でも桐谷はなかなか本当のことは言わないので、やはり本当に将彦のことが好きで結婚したいと思っているのかもしれません

優里は浅岡から告られていますが、どう返事するでしょうね

将彦のことが好きなのは間違いないですが、将彦は優里を子供としか見ていません

恋愛対象にはなっていないことを優里は知っているので、もしかしたら浅岡の告白に応えてしまうかもしれませんね

 

>>『社畜と少女の1800日』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『社畜と少女の1800日』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『社畜と少女の1800日』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『社畜と少女の1800日』を実際に読んでみましょう!

 

-社畜と少女の1800日

© 2021 まんがコミック大好き日記