読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

名前も呼ばないあのひとと 1~3巻 ~まみの結婚式に招待され自分が疎ましく思われていたと知ったかなこ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『名前も呼ばないあのひとと』を1~3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『名前も呼ばないあのひとと』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「名前も呼ばないあのひとと」1~3巻の簡単なあらすじ

まみの結婚式に招待されたかなこ

かなこは、友だちのセックスを目撃してしまった

しかしその光景は、5年前の親友のまみの結婚式のときと同じ光景だった

 

まみの結婚式に招待されたかなこは、まみと新郎がセックスしているのを目撃してしまった

そしてかなこは、わざと自分に見せつけるためにしているのかと思ってしまった

 

式が始まって席につくと、かなこと同じ席の3人は誰も知らない人たちだった

そしてお色直しの時間に、プロフィールムービーが流れ始めた

すると写真に写ったかなこは、全部切れて写っていた!

それを見たかなこは、まみから親友だと思われていなかったことに気がついたのだった

 

すると落ち込んでいたかなこに、同じテーブルの3人が失恋したのだと勘違いして優しくしてくれた

 

えいじたちと飲み友だちになったかなこ

その上4人は、2次会には呼ばれていなかった

えいじは、自分たちは同士だというと、他の二人と同様に、新郎新婦の元カレ・元カノだった

かなこは同じサークル友だちだと言うと、えいじは新郎がかなこを気に入っていたと話していたと言った

それでまみは、自分を疎ましく思っていたのだとかなこは気づいてしまった

 

かなこは3人に優しくされてよかったので、飲み友だちにならないかと訊ねると、3人はそれに同意してくれた

 

⇒『名前も呼ばないあのひとと』の無料試し読みはコチラ

 

いくみとそうたのキスを目撃するかなこ

それから最低は月1回は飲むようになった4人は、その関係が5年間続いていた

そしていくみには、彼氏が出来て結婚も控えていたが、まだかなこには彼氏が出来ていなかった

 

3人と飲んだ後、駅のホームに行くと、向かいのホームにいくみとそうたがいた

いくみは何故か泣いていて、なんと二人はキスをしていた!

 

1ヶ月後、いくみから彼氏と別れたと話を聞いた

いくみは、かなこに合コンのセッティングを頼んだので、いくみとそうたは恋人同士ではないのかと思った

 

そうたにドキドキしてしまうかなこ

そうたが、いくみが受付をしている会社のシステム開発をすることになり、しばらく会社にやってくることになった

1ヶ月経つと、そうたは酷くやつれていたので、かなこはお昼に誘った

 

そうたと話しても話は続かず、いくみとのことも内緒にされてしまった

かなこは、自分とそうたはそれほど親しくはなかったのだと思った

 

かなこは、コンタクトを落としてなくしてしまい買いに行こうと思っていた

するとそのことに気づいていたそうたが、店の前まで連れていってくれた

するとそうたは、かなこに好きな人はいないのか訊ねた

驚いたかなこは人にぶつかってしまい、そうたに抱きつく形になってしまった

ドキドキするかなこに、えいじから話があるとメッセージが届いた

 

⇒『名前も呼ばないあのひとと』の無料試し読みはコチラ

 

いくみが好きだったえいじ

えいじとの約束の日になり、会いに行った

するとえいじは、告りたいひとがいるのだと言った

そこでかなこは、いくみとそうたがキスをしていたことを話すと、何故かえいじはヤケ酒を飲み始めた

 

酔い潰れてしまったえいじを、かなこは家に連れていくことにした

するとえいじは、かなこを押し倒してしまい、自分たちもしちゃおうかと言い出した

えいじはかなこに好きな人がいるというと、えいじはそれはいくみだと答えたので、かなこは驚いてしまった

 

住所を教え合うかなことえいじ

慰めてと言ってえいじはセックスを求めてきた

そんなえいじの股間をかなこを蹴り上げ、やだと答えた

かなこは、えいじが好きな人ができたと相談してくれたのは、初めてだったというと、自分からちゃんと告ってみるように言った

 

翌日、えいじは謝ってきたので、かなこも余計なことを教えたと言った

そこで二人は、住所を教え合うことにした

えいじの下の名前をかなこは忘れていたが、えいじはかなこの下の名前をちゃんと覚えてくれていた

 

⇒『名前も呼ばないあのひとと』の無料試し読みはコチラ

 

名前も呼ばないあのひととの続きはコチラ👇

名前も呼ばないあのひとと 4~6巻 ~かなこに誕生日プレゼントのイヤリングを買ってあげるそうた のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「名前も呼ばないあのひとと」1~3巻を読んでみた感想

そうたはいくみとキスしていましたが、本当のところはどうなんでしょうね

その後の二人は、何もないように見えましたが演技している可能性もあります

でもそうたは、かなこがコンタクトをなくしてしまったことにも気づいていて、お店にも連れて行ってくれたので、かなこのことが好きなようにも見えます

えいじはいくみのことが好きだったようですが、そうたとの関係を聞いて、すぐにかなこに切り替えたようです

いきなりセックスしようとして、かなこに断られてしまいましたが、この後もアプローチをかけてきそうです

これから4人の関係が、どうなってしまうのでしょうね

 

>>『名前も呼ばないあのひとと』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『名前も呼ばないあのひとと』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『名前も呼ばないあのひとと』を実際に読んでみましょう!

 

-名前も呼ばないあのひとと
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.