イジメの時間 12巻 ~死んでしまった鈴木山をクズ罵る歩をナイフで刺した平原 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『イジメの時間』12巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『イジメの時間』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『イジメの時間』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『イジメの時間』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「イジメの時間」12巻の簡単なあらすじ

真魚とスマホで筆談する平原

平原は、自分たちの会話を歩が聞いていると気づき

スマホを使って、真魚と筆談でやり取りした

 

真魚から状況を教えてもらった平原は

驚いていたが、そこに又賀がやってきた

平原は、又賀にもスマホのメッセージを見せて

自分たちの会話に、合わせるように頼んだ

 

歩は、又賀の言葉を思い出し筆談していると思ったが

放置はできないと思いとにかく現状を、把握することにした

 

真魚に周囲をスマホで映すように命令する歩

歩は、真魚に電話をかけて

すぐにスマホで、周りを映すように命令した

又賀は、歩が鈴木山たちに復讐しているのだと気づいた

歩は、真魚がすぐに周りを映さないので

従わなければ、鈴木山を殺すと脅した

 

慌てた真魚は、平原や又賀を映した

歩は、おしまいだなと言って

電話を切ってしまった

混乱している真魚に、平原はもう警察に通報しようと言った

又賀は、自業自得だと言って

真魚にやり返されても仕方がないと言い出した

 

真魚に階段から飛び下りるように要求する又賀

又賀は、自分の恥ずかしい写真を

返してくれたら、歩に言って

なんとかすると言った

すると真魚は、写真はもうないと言って

自分のスマホを又賀に見せた

 

だが又賀は、消した証拠はないと言い

真魚に謝罪を要求した

すると真魚は、パンツを脱いで

好きにしてもいいと言って

鈴木山だけは助けて欲しいと懇願した

 

又賀は、今すぐここから

飛び下りるように要求した

平原は、止めようとしたが

真魚は、鈴木山を助けるために

階段から飛び下りようとした

それでも止めようとする平原に

真魚は、平原は関係ないはずだと言ったが

平原は、関係あると答えた

 

平原は、自分も歩が

いじめられているのを知っていながら

止めなかったと言った

だが又賀は、自分の手に負えないことから

逃げることは当たり前で

やはり平原には、関係ないことだと言った

 

⇒『イジメの時間』の無料試し読みはコチラ

 

平原に復讐は止めるつもりだと話す歩

歩は真魚に電話をかけ

又賀と電話をかわるように言った

歩は、自分のせいで巻き込んだことを謝った

そして写真もなくなったので

もう関わらないほうがいいと言った

 

歩は、若保囲と鈴木山を監禁していると言って

もう若保囲は、死んでしまったと又賀に話した

 

今度は、平原に電話をかわった

歩は、鈴木山たちにいじめられていたと話し

一度死のうとしたと言った

二人にやり返そうと思ったが

もう気が済んだからやめるつもりだと話した

 

鈴木山が死んだと思い絶望してしまう真魚

真魚に電話をかわったが

平原は、歩のいる場所が分かったと言って、その場所へ向かい始めた

歩は、真魚に一人で自分の所へ来るように要求した

 

まだ鈴木山は生きていると聞いて

歩のところへ、向かおうとする真魚に

又賀は、鈴木山もう死んだと言ってプッと吹き出した

すると真魚のスマホの充電が切れてしまった

 

又賀は、歩に電話をかけて

真魚はもう歩の所へ、向かったと言った

電話を切った又賀は

人殺しをした歩を、説得にいくので真魚に場所を訊ねた

そして真魚に、歩にしたことは

なんとも思っていないのかと聞くと

真魚は、土下座をして謝った

 

真魚は、屋上で待ってて真次郎と呟き…

又賀と平原は、歩のいる所へ向かおうとしていたが…

 

⇒『イジメの時間』の無料試し読みはコチラ

 

歩に自首するようにいう又賀

歩は、平原や又賀にバレたので

鈴木山に殺すことを諦めたと言って帰るように言った

鈴木山は、全部せいだと言って

罪は自分が全部被ると言ったが

歩は、鈴木山の言葉を信じなかった

 

すると入り口の扉を叩く音がした

歩は、真魚が来たと思い

扉を開けると、そこには平原と又賀が立っていた

平原は、警察は呼んでいないと言って

又賀は、自首するように歩に求めた

 

歩は、鈴木山も今なら殺せると思った

だが平原は、鈴木山たちに会わせるように要求した

仕方なく二人を、歩は中に入れて鈴木山たちを見せた

 

自分のやったことを正当化しようとする歩

平原は、若保囲の死体を見て動揺していた

歩は、鈴木山たちが襲ってきたので

こうなったのだと言い訳をして

若保囲は、いきなり苦しみだして死んだのだと説明した

 

歩は、これは正当防衛だと主張して

真魚を呼んで、ハッキリさせたいと言った

平原は、無理だと言って

真魚は学校の屋上から、飛び下り自殺をして

死んでしまったと言った

 

又賀は、自分の言葉のせいで

真魚は死んだのだと言って動揺した

だが歩は、又賀のせいではなく

自分が巻き込んだからだと言った

だが内心、歩は真魚に罪を着せれなくなったので

罪を背負う覚悟を、決めないといけないと思っていた

 

⇒『イジメの時間』の無料試し読みはコチラ

 

死んでしまった鈴木山をクズだと罵る歩

鈴木山は、真魚が死んだと知って

自分さえいなければと言って泣き出してしまった

一生その苦しみを味わいながら生きるように叫んだが

鈴木山は、ついに息絶えてしまった

 

死んでしまった鈴木山を見て

クズは、もう二度と

生まれてくるなと罵った

歩は、自分が罪を被らなければ

ならなくなったと言った

 

いきなり歩を刺す平原

しかし平原は、誰にだって過ちはあると言って

歩が、こんな風に一方的に

殺されても仕方がないと言うのなら

歩も受け入れるんだよねと言って

平原は、歩の胸をナイフで突き刺した

 

平原は一度も忘れた事はないと言って

自分も復讐をしただけだと言って泣いた

明神姫音子という名前を

知らないかと訊ね、その名前は

自分の昔の名前だと明かした

 

歩は、小さい頃に平原と会っていた

その頃、歩の両親は酷くケンカして離婚してしまった

そんなこともあってか

歩は、平原にイタズラをしていた

 

ある日、平原は母親からぬいぐるみを作ってもらっていたが

それを歩は…

自分も同じだったのだと気づいた

 

⇒『イジメの時間』の無料試し読みはコチラ

 

イジメの時間はの続きはコチラ👇

イジメの時間 13巻 ~平原の母親の死が自分のせいだと思い出し自分も鈴木山たちと同じだったと気づく歩 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「イジメの時間」12巻を読んでみた感想

とうとう歩の復讐が、平原や又賀に

バレてしまいました

又賀が真魚に、鈴木山は死んだと

言ってしまったので

真魚は自殺してしまい

鈴木山も自分を責めながら

死んでいきました

二人がやったことは、とても悪いことですが

やはり死んでしまったのは可哀想でしたね

そんな二人が死んだにも関わらず

歩は、全く悪いことをしたとは

思っているようには見えませんでした

完全に悪人の顔をしていましたが

いきなり平原に、刺されてしまいました

どうやら小さい頃に

平原に、いじめをしていたようですが

一体どんなイジメを、平原にしていたのでしょうね

 

>>『イジメの時間』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『イジメの時間』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『イジメの時間』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『イジメの時間』を実際に読んでみましょう!

 

-イジメの時間

© 2021 まんがコミック大好き日記