読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

社畜と少女の1800日 4巻 ~高校生になったら出て行くと言う優里にここは優里の家だと言った将彦 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

社畜リーマン×ぼっちJC、秘密の同居生活!

おじと姪だと偽るふたりの関係だが

担任教師と交際中の男に対して

少女に心境の変化が…!?

かたくなに自宅へ招いてくれない東根を

いぶかしく思う高井は

一人暮らしのはずの東根の家から

女性の声がすることに驚く

ついに優里との同居がバレてしまう…!?

タイトル 社畜と少女の1800日
作者 板場広志
価格 600円(税抜き)

『社畜と少女の1800日』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『社畜と少女の1800日』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『社畜と少女の1800日』を今すぐ無料試し読み👆

 

「社畜と少女の1800日」4巻の簡単なあらすじ

沙耶と将彦が付き合っていると知った優里

あななたち一緒に住んでるの?

そう言った沙耶に、一緒に住んでいることを話すと

沙耶は、優里の母親はどうしているのかと訊ねた

将彦が返答に困っていると

優里は、母親がいなくなって困ったので

自分が押しかけてきたのだと答えた

それを聞いた沙耶は、心配したと言って

将彦は人がいいと言って

他の女性と暮らしているのかと

心配していたと話した

 

おつきあいしているの

沙耶は優里に、自分たちが

交際していると話した

そして将彦には、これからは

秘密はなしだと言って帰っていった

 

⇒『社畜と少女の1800日』の無料試し読みはコチラ

 

修学旅行へ行った優里

優里は3年生になり

将彦は、新人の教育係を桐谷から頼まれた

優里は修学旅行に行くことになったが

行きの新幹線で、隣のクラスの寺田が

声をかけてきたが、同じクラスの女の子が

寺田を連れ去ってしまった

 

将彦は、家に帰って

優里の作り置きを食べていたが

久しぶりの一人だったので

もともとは一人だったのだと思った

 

優里は、トイレに行った際

寺田から交際を申し込まれた

しかし優里は、他に好きな人がいると言って

断ってしまった

 

高校生になったら出て行くという優里

自由時間を友だちと楽しんでいた優里は

おみやげを買って、それを帰宅した将彦に

プレゼントした

将彦は、優里に高校受験は

行きたいところにするように言うと

優里は、高校に進学したら

将彦の部屋から出ていくと答えた

 

将彦は、自分との生活が

嫌になったのかと聞いたが

優里は、沙耶にも迷惑をかけないように

寮や下宿を探すのだと言った

しかし将彦は、自分や沙耶を気にして

出て行くというのであれば

話は別だと言って、ここは

優里の家なのだと話した

 

⇒『社畜と少女の1800日』の無料試し読みはコチラ

 

嫌がらせを受ける優里

優里が、学校に登校すると

上履きが、何者かに捨てられてしまっていたが

なぜかサキが、優里に冷たくなっていた

すると優里は、寺田のクラスの女の子たちに

告られたといって因縁をつけられてしまった

 

それからも嫌がらせは続き

それを知った沙耶は、将彦に

そのことを話した

帰宅した将彦は、優里に

何かあったら話して欲しいと言ったが

優里は、大丈夫としか答えなかった

しかし将彦は、優里の髪に

ガムがつけられているのを発見した

そこで将彦は、優里の髪についたガムを

油を使って落としてあげた

 

将彦は、自分も中学生の時に

同級生から嫌がらせを受けたが

親にも言えず、一人で落ち込んでいたと話した

もしまた こんなことがあったら

絶対に教えて欲しい

オレ 学校に乗り込むから

将彦がそう言うと、優里は涙を流した

 

今度は優里の友だちのサキと頼は

トイレで優里をハブろうと脅された

しかしサキは、それを断り

逆に相手の女子を脅して黙らせた

サキは優里に、寺田のことを

話してくれなかったので

スネていたとだけだと言って

もっと自分たちを頼って欲しいと言ってくれた

 

スリを捕まえる優里

優里は夏休みになったが

沙耶は生徒たちに、進路のことを

考えておくように言った

優里は、梓から

どんなことが好きなことを聞かれたが

優里があまり考えたことがないと答えると

梓は、自分とお祭りに行こうと誘った

 

梓の言っていた祭りは

なんとコミケだった

そこには売り子として

将彦を駆り出されていた

優里は、アクセサリーを売っていた

女の人と話していたが

その女の人のポーチを

スリの男が盗っていってしまった

 

優里は、そのスリを追いかけ

体当たりして止め

なんとかポーチを取り戻すことに成功した

優里はお礼に、アクセサリーの一つを

もらった

 

優里に親族がいないと聞いてしまう沙耶

沙耶は、バスケの顧問をしていたが

それが終わって、他の先生から

優里には、頼れる親族が

いないと聞いてしまった!!

 

⇒『社畜と少女の1800日』の無料試し読みはコチラ

 

「社畜と少女の1800日」4巻を読んでみた感想

やっぱり優里は、将彦のことが

好きになっているようです

沙耶と交際していることを知った優里は

高校生になったら、出て行くと言ったのも

自分が身を引いて、将彦を

幸せにしてあげたいと思ったからでしょう

でも将彦からは、自分の子供同然だと

言われたのは、むしろショックだったでしょうね

また沙耶に、今度は優里には頼れる親族が

いないとバレてしまいましたが

どうなってしまうでしょう

下手をすると、将彦は捕まってしまいかねないですが

どう沙耶に、説明するのか気になってしまいますね

 

>>『社畜と少女の1800日』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『社畜と少女の1800日』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『社畜と少女の1800日』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『社畜と少女の1800日』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『社畜と少女の1800日』を今すぐ無料試し読み👆

-社畜と少女の1800日

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.