読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

失恋未遂 7~8巻 ~酔って南条とラブホへと行ってしまう静佳 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『失恋未遂』7~8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『失恋未遂』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「失恋未遂」7~8巻の簡単なあらすじ

静佳を見て癒やされる南条

梅原の後任として、菜乃花が入社してきた

南条は、店を予約するので

空いている日はないかと聞いてきたので

静佳は、いつでもいいと答えた

南条たちと、飲んでいた静佳は

南条への想いは、自分の頭の中だけで

いいのだと思い込もうとした

 

飲み過ぎた静佳を、また南条が送ることになった

コンビニに立ち寄った後

静佳は、南条に男と女ではどっちが好きなのか聞くと

南条は、静佳の頭をぽんと撫でた

静佳は、一瞬自分のことだと思ったと言って

ケラケラと笑った

 

静佳は、メガネをかけた

南条を見たいと言ったので

南条は、月曜に来るように言おうと思ったが

撫で友と同じように

静佳は忘れてしまうだろうと思い

言うのを止めてしまった

 

静佳は、南条の元カノの話をしだし

元カノが好きだったと、それが終わったの

それだけでいいのだと言ってあげた

静佳は、あまり思い出を思い返していると

自分の主観を、上書きしてしまって

それに囚われてしまうのだと言ったので

そんな静佳を見た南条は、心が癒やされるのだった

 

⇒『失恋未遂』の無料試し読みはコチラ

 

静佳に付き合おうと言う南条

南条は、好きになるというのは

どんなことなのかと聞くと

静佳は、触れたいと思うようになることだといい

好きだと言って、南条の頬を触った

 

南条は静佳に、それなら付き合いますかと言ったが

静佳は、そんなことは無理だと言いつつ

今なら夢だから大丈夫だと答えたので

南条は、静佳は罪作りな人だと思いながら

静佳の手にキスをして抱きしめた

 

思い出は不純物

黒縁メガネをかけている南条に

ドキドキする静佳だったが

自分が思春期の恋をしているような感じがした

しかし妹からは、現実を見ていい人を

探さないといけないと言われてしまった

 

古賀が食事会に行けなくなったので

静佳は、菜乃花を食事会に誘った

その一週間前に、南条は

サラから交際を申し込まれたが

気になる人がいると言って

それを断っていた

 

酔ってしまった静佳は、トイレに行ってしまい

外で菜乃花と話していると

達樹と香澄が歩いているのを見て

菜乃花は、元カレだと言った

南条は、思い出は不純物だと

静佳の受け売りの言葉を菜乃花に話し

相談に乗ると言った

 

酔った静佳を、南条は車に乗せて

手の甲に何かを書いて、キスをした

南条は、今の気持ちが好きという

感情なのかと思いつつ、また静佳にキスをした

 

⇒『失恋未遂』の無料試し読みはコチラ

 

菜乃花から南条との食事を頼まれる静佳

静佳は、夢の中で南条と

キスをしたと言って喜んでいたが

手の甲に、文字が書いてあるのを見て

南条とのキスが、夢ではないと知った

 

そのことを、菜乃花に相談して

それとなく南条に、聞いて欲しいと頼んだ

古賀の仕事を手伝っていた静佳だったが

そこに南条がやってきて

静佳は、かなりの仕事をこなしていて

ヒマそうに見えるのは

周りを気遣っているからだと言って

退社時刻も過ぎているので帰らせた

 

本を立ち読みしていた静佳に

菜乃花から電話がかかってきて

自分の代わりに、南条と食事して欲しいと頼まれた

南条と二人っきりで食事する静佳は

緊張していたが、自分を褒めてくれたことの

お礼を言うことができた

 

静佳とお酒抜きで親睦を深めたいという南条

すると辻森と時峰がやってきて

話していると、サラがやってきた

時峰は、静佳を応援すると言って

3人は、自分たちの席へと向かった

 

また南条と二人きりになった静佳は

サラと南条は、お似合いだと言って

結婚したらいいと言ったが

南条は、違う話をしようと言った

 

静佳は、緊張するのでお酒を飲みたいと言ったが

南条は、親睦を深めたいので

静佳とお酒抜きで話したいと答えた

静佳は、変な妄想をして吹き出してしまったので

南条はハンカチで、静佳の頬を拭こうとした

 

これが南条の匂いだと思った静佳は

顔が赤くなってしまい、大丈夫だと言って断った

そこで南条は、やはりお酒を飲もうと言って

ワインを頼んだ

 

⇒『失恋未遂』の無料試し読みはコチラ

 

南条とラブホへと行った静佳

酔った静佳は、南条をラブホへと誘った

南条は、静佳に抱きついてキスをした

静佳は、シャワーを浴びに行ったが

バスローブを持ってきて

南条にそれを着せようとした

 

南条は静佳を押し倒しながら

自分の出す交換条件を飲むように言って

またキスをしたので

静佳は、なんて最高な夢なのかと

思ってしまった

 

1人のクリスマスパーティー

また静佳は、飲んだ後のことを

忘れてしまっていた

そんな静佳に、課長の堤は

南条には、彼女のサラが出来たと言ったので

静佳は、あの2人付き合っているのだと

愕然としてしまった

 

また辻森に食事に誘われた静佳だったが

南条は、取引先の人間と

個人的な関係になるのは、すすめられないと言った

否定しようとする静佳を、南条は抱きしめた

男の分母を増やす必要はないと言って

南条は、静佳の頭を撫でた

しかしそこに堤がやってきたので

南条が、サラのことを報告すると思った静佳は

その場を去ってしまった

 

家で1人でクリスマスパーティーを

始めた静佳だったが

今頃南条と静佳は、2人きりだと思うと

涙がこぼれ出した

そして静佳は、南条への想いは

憧れではなく、自分はとっくに

南条を好きになっていたのだと気づいたのだった

 

⇒『失恋未遂』の無料試し読みはコチラ

 

失恋未遂の続きはコチラ👇

失恋未遂 9~10巻 ~南条が元カノと縒りを戻すと思い込み今までのことをなかったことにして欲しいと言ってしまった静佳 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「失恋未遂」7~8巻を読んでみた感想

酔ってしまうと記憶をなくしてしまう静佳は

南条が自分のことが好きだと

まだ気づいていません

南条は、静佳の手に文字を残したりして

気づかせようとしていますが

やはり恋愛が億劫になっているので

静佳のしらふのときには

なかなか言い出せないようですね

でも抱きついたりしているので

もう南条の静佳への想いは

どんどん高まっているようです

この後、2人の関係がどうなっていくのか

とても気になってしまいますね

 

>>『失恋未遂』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『失恋未遂』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『失恋未遂』を実際に読んでみましょう!

 

-失恋未遂

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.