絶望の楽園 4巻 ~最下層で京子に他の後継者たちの死体を見せられ全裸で土下座して謝罪させられる透 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『絶望の楽園』4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『絶望の楽園』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「絶望の楽園」4巻の簡単なあらすじ

透たちの追跡を命じる師父

師父の部屋にやってきた透たちは

とうとう脱出口を見つけた

透は、世良に脱出しないのかと訊ねると

世良は、師父の奇跡が何なのかを

知りたいのだと答えた

 

透は、母親を生き返らせる

つもりはないと話し

不幸な人を増やさないためにも

日照雨の会を告発するつもりだった

 

だが師父が帰ってきて

透たちの脱走がバレてしまった

そして師父は、首を斬られたことのある5人に

透たちの追跡を命じた

 

奇跡の裏側が書かれたファイル

樹海を逃げていた透たちだったが

秋人は、隠しカメラで

動画を撮っていて、師父の部屋で

あるファイルを見つけたと言った

だが秋人は、なぜか透に

澪がいないところで話がしたいと言った

それを聞いた透は、秋人が何かを

知っているのだと思った

 

川を見つけ、小休止したところで

透と秋人は、トイレに行くと言って澪から離れた

秋人は、澪が裏切ると思っていると言うと

ファイルを取り出し、一度死んだ人間は

代償がなければ蘇らないのだと言った

 

そのファイルには、師父が行ってきた

奇跡の裏側のことが書かれていた

師父が死体の口に、手を入れるのは

因陀羅という寄生菌を、植え付けていたのだ

そしてあの蜜は、因陀羅から作られていて

その匂いで、寄生者同士がどこにいるのか

分かってしまうと、秋人は説明した

 

透を逃がそうとする澪

澪のところへ戻ろうとする透を

秋人は止めようとした

そして秋人は、11年前に

姉を殺した教団幹部を捕まえ

生きたまま焼き殺そうとしたが

その幹部は、焼かれながらも

身体が再生して、再生しなくなるまで

師父への感謝の言葉を

叫び続けたと話した

 

するとそこに、澪を捕まえた

京子の声が聞こえ始めた

因陀羅の影響で、苦しむ澪だったが

師父が声をかけると、因陀羅は

おとなしくなった

 

見つかろうとした透たちだったが

澪が、違う方角だと言ったので

なんとか見つからずに済んだが

透は、秋人に教団を告発を任せて

自分は澪を、助けに戻ると言った

 

は、自分が囮になって

秋人を逃がす作戦を立てた

透が、澪たちがいた場所まで戻ってくると

そこには京子の置き手紙と

地図などが残されていた

 

⇒『絶望の楽園』の無料試し読みはコチラ

 

澪を助けるために洞窟に入る透

罠だと分かっていても

透は、指定された洞窟までやってきた

洞窟の奥では、澪が師父のお経を聞かされ

何度もイッていた

 

そんな澪を助けようとした透は

信者たちに、取り押さえられてしまった

京子は、透と澪がセックスするフリを

していたのを知っていた

そして処女の澪に、バイブを

挿れようとしたが

外から煙が入ってきた

 

透は、洞窟の入り口に

火をつけていた

そこで京子は、透たちを解放して

洞窟の奥へと去っていった

 

透は、澪に服を着せたが

なんと澪の身体は、冷たくなっていた

透が来る前に、京子は

澪の身体の中の因陀羅を、増やして

透と本部に戻ってくれば

助けると言っていたのだ

だが澪は、透に一人で逃げて

会を告発するように言った

 

最終試練を受けて死んでいた後継者たち

透は、後悔しないように

澪を連れて、本部へと戻ってきた

京子は透を、「みたまおとしの儀」を行う

最下層へと連れて行き

汚い牢屋へとブチ込んだ

そして澪を助けたいなら

自分にイヌとして従うように要求した

 

そこに二人の男がやってきて

因陀羅の感染者を連行していったが

その際、ライトを落としていった

その光で、その牢獄には

隼人の死体があると分かって

透は驚いていると

そこに太一と世良の首を持った

京子が現れた

 

京子は、透がいなくなった後

最後の試験で、全員不合格に

なったのだと言って

透は師父に、特別に愛されていながら

それを拒絶したので、もっと大切な人を

奪わなければならないのだと言った

そして、自分が透の母親の礼華を

殺したのだと教えた

 

⇒『絶望の楽園』の無料試し読みはコチラ

 

透に礼華の最期を話し土下座を命令する京子

礼華を呼び出した京子は

師父やあの方と呼ばれる人が

透を後継者として期待していると言ったが

礼華は、透は普通に暮させて

師父である貴仁のようにはさせないと言った

透が家で一人なので、礼華は車で

家に帰ろうとしたが、車は勝手にスピードを上げ…

 

京子は事故の隠蔽を指示して

ドライブレコーダーに残った

礼華の最期の言葉を知りたいと言った

 

キレ始めた透に、京子は

服を脱いで、土下座するように命令した

澪を見捨てられない透は

京子が生中継する中で

全裸になって土下座して謝った

透の土下座を見ていた師父の部屋に

誰かがやってきて、透に最終試練を

受けさせないといけないと言った

 

最終試練の間へと連行された透

京子は、いろんな屈辱的なことを

透にさせて、透のプライドを折って

洗脳させようとした

すると師父の命令で、透は

最終試練の間へと連行された

 

そこには師父である貴仁が待っていて

一体のミイラがあったが

なんとそのミイラは、言葉を話し出した!

 

貴仁は、そのミイラは

300年前に即身仏となった女性で

因陀羅の菌床として生き続けている

日照雨だと言った

そこの現れた蓮二という男は

透が日照雨にキスをすることで

因陀羅の菌をうつして

魂が清らかな人しか

生き残れないのだと説明した

そして唯一、生き残れたのが

貴仁だというのだ

 

隙を見て、逃げだそうとしたが

なんと既におかしくなった秋人に

殴り倒されてしまった!!

 

⇒『絶望の楽園』の無料試し読みはコチラ

 

絶望の楽園の続きはコチラ👇

絶望の楽園 5巻 ~日本中の信者に菌の入った聖薬を飲ませ貴仁を大量殺人犯に仕立て上げようとする蓮二 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「絶望の楽園」4巻を読んでみた感想

なんと既に、他の後継者候補たちは

全員死んでいました

そして秋人が見つけていたファイルで

因陀羅と呼ばれる菌のせいで

人間がゾンビのようになって

復活していたことが判明しました

どうやら師父である貴仁は

この菌に耐性があるようですね

恐らくこの菌を、蓮二は研究して

感染した人のコントロールに

使っているのではないかと思います

透が逃がした秋人も

捕まって完全にゾンビ化しています

このまま透は、最終試練を受けて

死んでしまうのでしょうか

この後がどうなるのか、とても

気になってしまいますね

 

>>『絶望の楽園』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『絶望の楽園』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『絶望の楽園』を実際に読んでみましょう!

 

-絶望の楽園

© 2020 まんがコミック大好き日記