読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

夫のちんぽが入らない 1巻 ~ちんぽが入らないさち子に指輪を買ってあげ結婚しようと言ってくれた慎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

発売即13万部を突破し

各メディアやSNSで大反響を呼んだ衝撃の私小説

『夫のちんぽが入らない』(こだま・著)

繋がれない痛みの中で懸命に生きる女性の半生を

『R-中学生』『水色の部屋』の

ゴトウユキコが鮮烈コミカライズ!

学校、社会、そして男女の関係

様々な場所において彼女を苦しめたのは

「普通」という名の「呪い」だったーー

生きづらさを抱えたすべての人達に捧ぐ

絶望と希望の人生譚が幕を開ける!!

タイトル 夫のちんぽが入らない
作者 こだま ゴトウユキコ
価格 600円(税抜き)

『夫のちんぽが入らない』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『夫のちんぽが入らない』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒『夫のちんぽが入らない』を今すぐ無料試し読み👆

 

「夫のちんぽが入らない」1巻の簡単なあらすじ

慎とセックスしようとして入らなかったさち子

大学生になったさち子は

双葉荘に住むことになった

どんな部屋でもよかった

あそこから離れられるなら…

 

すると部屋に2年生の慎がやってきて

授業で使う本をあげて、野球中継を見始めた

翌日、スーパーなどの場所を

慎に教えてもらったさち子を

慎は、焼きうどん屋に誘った

 

慎は、さち子にどんな暮らしを

してきたのか聞いたが

さち子はくそ田舎に住んでいたと話した

部屋に戻ると、慎はさち子の部屋に泊まった

 

さち子と慎は付き合うようになった

そして二人は、セックスしようとしたが

慎のちんぽは、入らなかった

何度も慎は、入れようとしたが

やはりダメだった

慎は、処女とは初めてだと言ったが

さち子は、初めてではないとは言えなかった

 

高校時代に1回だけ入ったさち子

高校生の時のさち子は

クラスの中で、性事情を知られるのは

嫌だと思っていた

そこでさち子は、夏祭りで

声をかけてきた男と

セックスしたが、大量出血してしまった

 

またさち子は、慎とセックスしようとした

今日こそ入る 入れ

しかしやはり今度も、慎のちんぽは

入らなかった

 

⇒『夫のちんぽが入らない』の無料試し読みはコチラ

 

フェラでガマンするようになった慎

慎は、同じテニスサークルの

山下を紹介されて

山下の部屋に行くことになった

甘い香り…

これが女の子の部屋…

二人の様子を見た山下は

まるで兄妹のようだと言った

 

すると慎は、帰りにさち子を

ラブホへと連れ込んだ

今夜も入らなかったら

どうしよう…

 

しかしやはり今度も、慎のちんぽは

入らなかった

私の体は変なのだろうか…

すると慎は、さち子に

フェラして欲しいと頼んできた

フェラをしていたさち子の顔に

慎は思いっきりぶっかけた

嫌だったかという慎に

さち子はまた、口でさせて欲しいと頼んだ

 

1年経っても入らないちんぽ

交際を始めて、1年が経ったが

やはり慎のちんぽは、入らなかった

飲み会に行ったさち子だったが

慎が、風俗嬢からちんぽが大きいので

キングと呼ばれていることを知った

ヤリまくっているだろうと言われたさち子は

一度もできていないと言いたかった

ちんぽが入ったから

なんだというのだ…

 

さち子は、エロ雑誌を読んだりして

自分と同じような人がいないか探したが

見つからなかった

フェラをしてもらう慎は

どうして入らないのだろうねと言って

さち子の口の中に出した

 

⇒『夫のちんぽが入らない』の無料試し読みはコチラ

 

入らないさち子に結婚しようと言ってくれた慎

慎は、高校の教師になった

双葉荘を出て行く慎は

さち子に、就職が決まったら

一緒に住もうと言ってくれた

結婚するぞ

そう言って慎は、双葉荘を

去っていった

 

さち子の両親は、いつもケンカばかりして

お互いを罵り合っていた

そんな両親を見て育ったさち子には

結婚する理由が、いまいち分からなかった

 

初任給をもらった慎は

さち子と食事した後

結婚指輪を買いに行った

部屋に戻ったさち子は

指輪を見ながら、昔の慎を

思い出すと、涙が出るのだった

 

慎に入れて欲しいと頼むさち子

慎が卒業してしまったので

一人になったさち子は

昔のことが、懐かしく感じるようになった

 

慎の部屋にやってきたさち子に

慎はまた、口でして欲しいと言うと

さち子は、買ってきたベビーオイルを出し

これを使って入れて欲しいと頼んだ

 

⇒『夫のちんぽが入らない』の無料試し読みはコチラ

 

「夫のちんぽが入らない」1巻を読んでみた感想

さち子と付き合う前の慎は

結構、遊んでいたようですが

本気でさち子が好きなようです

普通なら、セックスが全くできないと

別れてしまうでしょうが

慎は、できなくても

結婚までしようと言ってくれました

そんな慎に、できない引け目を

感じているさち子は

なんとかして、セックスできるように

しようとしています

高校時代に、1回だけしたときは

大量出血したみたいですが

それはそれで、慎が引いてしまうかも

しれませんね

この後、どうなるのか次の話が心配ですね

 

>>『夫のちんぽが入らない』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『夫のちんぽが入らない』のを読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『夫のちんぽが入らない』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『夫のちんぽが入らない』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『夫のちんぽが入らない』を今すぐ無料試し読み👆

-夫のちんぽが入らない
-, ,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.