読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

無敵の人 1~6巻 ~紗良のクラスメート大量殺害を止められなかったいのり のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

女子高生・高瀬いのりは

引きこもりの兄から性的暴行を受けていた

ある日、謎の男・ニルが現れ

無差別殺人を企てていた

いのりの兄を殺害する

絶望から解放されたいのりは

対価として彼女の兄のように

危険水域に達した

【無敵の人】を見つけ出し

犯罪に走る前に殺害するという

「法を無視した治安維持活動」

に手を貸すことになるが…!?

タイトル 無敵の人(分冊版)
作者 きづきあきら サトウナンキ
価格 100円(税抜き)

『無敵の人』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『無敵の人』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒『無敵の人』を今すぐ無料試し読み👆

 

「無敵の人」1~6巻の簡単なあらすじ

VRの世界でまあと会ういのりたち

『無敵の人』

ひきこもり、働けない…

そんな何もない人たちが

力を示すために、凶悪なテロを

引き起こす人たち

 

女子高生のいのりは

絶滅の授業を受け、それを友だちのミキと一緒に

不登校のまあに話したいた

家に引きこもっているまあは

VRの世界でしか、いのりたちとも

会えなかった

 

いのりは、ミキになんとかして

まあを現実に戻さないと

いけないと言ったが

ミキは、いのりには悩みがないから

そんなに必死に他人のために

なれるのだと言った

 

ローカと呼ばれるヘッドセットで

世の中の人たちは、現実とARやVRを使い分け

日々の生活を送っていた

家に帰ったいのりだったが

ニュースでは、近所で起きていた

連続殺人事件のことが流れてきた

 

兄にレイプされるいのり

ドンドン

二階から何かを叩く、音が聞こえてきた

いのりは、立ち入り禁止と書かれた

兄の部屋に入ると、兄に脅され

パンツを脱いだ

 

私はビッチです

いのりのお腹には、兄に

傷つけられてできた文字が書かれていた

脅されながらいのりは

兄にそのままレイプされた

 

⇒『無敵の人』の無料試し読みはコチラ

 

兄を殺してしまったニル

ローカを使い、現実から

逃げたいのりだったが

VRの世界に、謎のアバターが現れた

そのアバターは、いのりに悩みを

取り除いて欲しいか訊ね

いのりがうんと答えると

謎の男に、兄は殺されてしまった

 

その男は、いのりにローカをつけさせ

ARモードにして1階に来るように言った

はずしたら殺すから

死んだ兄を見て、いのりは

もうレイプされなくて済むと思った

 

無敵の人を狩っているという謎の女性

1階にやってくると

母の隣に、顔が分からない女性がいた

その女性は、どうして兄を

もっと早く病院などに

連れて行かなかったのかと母を責めた

そしてその女性は、兄が学校を

襲撃する準備をしていたと言った

そんな人間を、何かを起こす前に

殺しているのだと、その女性は言った

 

ニュースに流れていた、連続殺人事件の犯人も

自分たちが殺したのだと、その女性は言った

その殺害の実行をしたのが

いのりの兄を殺した、ニルと呼ばれる男だというのだ

 

ニルも、無敵の人だったが

罪を免じる代わりに、無敵の人を

狩っているのだというのだ

 

死ぬか生きるかを迫られるいのり

するとまた、あの謎のアバターが現れた

そのアバターは、シューニャと名乗り

凶悪犯罪を防ぐAIだと話した

シューニャはいのりに、被害者家族となるか

加害者家族になるのか選ぶように言った

 

後者を選べば、一家心中として

いのりたちは死ぬというシューニャは

前者を選んで、死んでもいい人を

いのりが選んで、ニルが殺害するという

社会貢献をするように勧めた

 

いのりが、死にたくないと答えると

兄が誰かに殺されたことにするため

いのりに第三者の体液を残さないといけないので

ニルはいのりに、精子をかけることになった

ニルは、いのりのお腹の傷を触りながら

オナって精子をぶっかけた

そして殺されたほうが楽だと言って

いのりに暴行を加えるのだった

 

紗良の裏アカを見てしまったいのり

いのりは、女子中学生の紗良の

盗撮映像を見せられた

弁護士の父と宝石商の母を持つ

紗良の家庭は、とても立派な家庭に見えた

いのりは、自分のことも

観ていたのかと訊ねると

そうだと答えたニルは

いのりが間違っても

責任を感じることはないと言った

 

いのりは、兄が殺されてしまったことで

クラスメートから、ハレモノ扱いされた

いのりは、ローカで紗良の

裏アカウントを見ると

父親から性的虐待を恨む

書き込みを見てしまった

 

⇒『無敵の人』の無料試し読みはコチラ

 

紗良の父親に会ういのり

いのりは、シューニャに頼んで

いのりの父親に直接会うことにした

中学生になりすまし

紗良の家にいったいのりは

紗良の部屋で、キレイな色の

石を見つけた

 

するといのりは、自分が

父親からレイプされていると

嘘を言ってみた

紗良の父親は、証拠はあるのかと聞くので

いのりはお腹の傷を見せた

 

しかし紗良の父親は

その傷だけでは単なる状況証拠だと言った

するとそこに認知症の祖母がやってきて

いのりを紗良と間違えた祖母は

嘘つきだと罵った

 

夜、目を覚ましたいのりに

目の前にいたニルは

お腹の傷を見せた欲しいと頼んだ

お腹の傷に、顔を埋めたニルを見て

いのりは自分を、殴って欲しいと頼んだ

 

紗良を説得できたと思ってしまったいのり

いのりは、紗良の前に

顔を殴られた状態で現れた

紗良はいのりに、自分がいなくなっても

世の中は、何事もなかったかのように

回り続けると思うか訊ねた

 

もしかして「無敵の人」は…

そう思ったいのりは、自分が死んでも

世界は変わらないと答えた

そして世界を殺しても

自分には関係ないと言うと

紗良は、それを確かめたいと言ったので

いのりはそれは罠だと言って

やらないように言った

いのりの言ったことを聞いた紗良は

感動していのりの手を握った

 

いのりは、シューニャに

紗良は無敵の人だったが

分かってくれたので、殺す必要はないと言った

しかしいのりは、ニルから

紗良がクラスメートや担任を

毒を使って殺してしまったと聞いた

 

⇒『無敵の人』の無料試し読みはコチラ

 

自分のせいだと苦しむいのり

事件は発覚し、裏アカも見つかって

ネットでは、紗良を擁護する人が多かった

私のせいだ…

いのりは、自分の言葉で

紗良は、犯罪を犯してしまったのでは

ないかと思った

それをシューニャに話しても

もう終わったことだと言って

これからは、未成年者でも殺害の

対象にすると言った

 

いのりは、段々周囲との関係が

薄れてきていることに気づいた

しかし今のいのりは、自分のせいで

人が死んでしまったことが苦しかった

 

そうだ

同じなんだ…

そう思ったいのりの前に

ニルがやってきた

いのりは、ニルにお腹の傷を見せて

ニルの傷も見せて欲しいと頼んだ

ニルは背中を見せると

背中には、たくさんの火傷の痕があった

その火傷の痕を触りながら

いのりはニルも、自分と同じなのだと思った

そしていのりは、ニルに次は

失敗しないと言った

 

まあの英雄になっていた紗良

ネットでは、一部の人たちからは

紗良は英雄になっていた

紗良のアバターもでき

ある人物も、そのアバターを

ダウンロードした

私もなしとげるよ

サラたんみたいに…!

そう決意していた人物とは

なんとまあだった!!!

 

⇒『無敵の人』の無料試し読みはコチラ

 

「無敵の人」1~6巻を読んでみた感想

世の中から隔絶してしまった人たちの

ごく一部の人は、世の中を恨んで

犯罪を起こしてしまうこともあります

いのりの兄も、いのりをレイプして

殺人事件を起こそうとしていたので

ニルに殺されてしまったのです

確かに殺人はいけませんが

それを計画していたということで

勝手に殺しているというのも

なんだか怖い気がしますね

いのりは、そのジャッジをする役を

引き受けましたが

最初に判断した紗良は

クラスメートを毒殺してしまいました

いのりは失敗したことで、苦しんでいますが

いきなり人の生き死にの判断を任されて

それで人が、心の中で思っていることを

いきなり見抜くというの、無理あると思いました

今度はいのりの友だちで

ひきこもっているまあが

何かを引き起こそうとしていますが

いのりはまあの犯罪を

阻止できるんでしょうか

この後がどうなるのか、とても気になりますね!

 

>>『無敵の人』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『無敵の人』のを読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『無敵の人』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『無敵の人』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『無敵の人』を今すぐ無料試し読み👆

-無敵の人
-, ,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.