読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

血の轍

血の轍 2巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

幼いときの記憶

猫の死体に笑みを浮かべる母

好きな女子生徒吹石とふざけ合う静一

微笑みながら静一の顔を包み込む静子

次々に傑作を世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が辿り着いた「毒親」!

 

「血の轍」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「血の轍」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「血の轍」の試し読みはコチラ♪

 

 

「血の轍」2巻の簡単なあらすじ

しげるのもとへ行く二人

静子もしげるを探しに行く

静一も静子を助けようという気持ちになって後を追って行った

 

崖下に到着すると、しげるはなんと生きていた

木がクッションの代わりとなって助かったのだ

静子はしげるに声をかける

かわいそうに こんなになって…

そんな静子の言葉に静一は驚いた表情をする

そしてしげるは病院へ連れて行かれた

 

しげるは命は助かったが、もしかすると意識が戻らない可能性もあるという

警察で静子と静一は簡単に事情聴取を受ける

静子はふざけて足を滑らせたと話す

静一もそれを肯定する

それを聞いた静子は少し驚いた表情をしていた

 

吹石からのラブレター

翌日もしげるを見舞いに行く両親だったが、静一は家で留守番をすることにする

そこにやってきたのは吹石だった

静一は吹石を家にあげる

しげるのことを話すと静一の様子が可怪しくなってしまったので

吹石は帰ることにした

帰り際、吹石は静一にラブレターを渡す

 

ラブレターを破く静子

入れ替わりで静子が帰ってきた

そしていきなり静一の持つラブレターを見せるように要求します

自分が読んで、次に静一に読ませる静子

むり むり 受け入れられない

捨てていい?

そんなことを言い出す静子

何かを言おうとする静一だったが

ママ どこにも行かないで

そんなことを言ってしまう静一

 

二人で吹石のラブレターを破いてしまいます

そして静子は静一にキス 涙の笑顔を見せるのだった

 

「血の轍」2巻を読んでみた感想

静子の豹変ぶりには驚きますね

しげるを突き落としながら、偶然起こった事故のように完全に振る舞っています

その上に、吹石のラブレターをはじめに読んで破いてしまいます

静一もそれに抵抗できないようですね

吹石への好きな気持ちもありますが、それをはっきり言えず

結局、静子を取ったようです

静一が静子から離れない限り、吹石とはうまくいかないでしょう

でも吹石も結構積、極的なのでこのままでは終わらないでしょう

これからもしかしたら二人のバトルが繰り広げられるかもしれないですね

 

「血の轍」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「血の轍」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「血の轍」の試し読みはコチラ!

 

-血の轍

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.