血海のノア ~ 2巻 ~カケルに吸血鬼にならないかと誘うノアの父親 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『血海のノア』2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『血海のノア』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「血海のノア」2巻の簡単なあらすじ

血を舐めてなぜか死んでしまった吸血鬼

あかりはまだ、死んでいなかった

あかりを抱いていた男は、そろそろ潮時かもしれないと言った

カケルの仲間のコイケは死んでしまった子供を抱く母親を見つけたが、他の人たちはそれを見ても何も関心を持たなかった

するとそこに16番の子供を探す、デブの男がキレていた

その男は床についた血を舐め、テーブルの下に横たわっていた男の子を見つけた

しかし腕に書かれた血液型を見て、いきなり血を吐いて死んでしまった

ノアはカケルを、謎の階段の部屋に連れてきた

するとそこには、あかりの父親がいた

ノアが壁を引っ掻くと、空間が歪んで普通の船の中に戻った

ゆずるは、あの時の女性の一人のエリセに捕まっていた

そこにやってきた船員に、誰かに命令されて捕まえたのかと聞かれた

するとエリセはゆずるはレアもので実力では手に入らないから盗んだと答えた

その船員のバトラーは、エリセの顔を殴り潰してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

吸血鬼たちの選別会

気絶していたコイケは、目を覚まして会場からなんとか逃げ出すことができた

部屋に戻ったコイケはベッドに横になっていたトマを見つけたが、トマは首を噛まれ顔が真っ青になっていた

すると突然、トマは起き上がり、どこかへと向かいだした

廊下には、トマと同じようにどこかへと向かう人たちで一杯だった

一人正気の人がいたが、かぶり物をした吸血鬼に吹き矢でやられてしまった

そしてプールの前で、首を噛まれた人たちの選別会が始まった

一人の男が台に立つと、会員の吸血鬼は、皆、Poolと叫んだ

すると男は真っ二つに切り殺され、プールに突き落とされてしまった

その後も、次々に選別が行われ、とうとうトマの番がやってきてしまった

カケルは、ノアの父に睨まれたが何かが効かなかった

カケルを見たノアの父は、誰かに似ていると言った

部屋に連れて来られたカケルは、ノアの父にマジックショーに出た人たちはどうなったのかと聞いた

するとノアの父親は死んだと答えた

カケルはノアの父親に、何の目的で殺人を楽しんでいるのかと訊ねた

ノアの父は人間は食糧だというと、カケルを歓迎すると言って窓のカーテンを開けた

窓の外では、選別会が開かれていた

台に立っていたトマは危うく殺されそうになったが、一人の女性吸血鬼がトマを買った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

あかりと再会したゆずる

選別会の会場から逃げ出したコイケは、ウシロと再会することができた

そして、船の中を逃げていたゆずるは、幸一郎という名の男に捕まってしまった

ノアの父は、昔は選別会も真面目な儀式だったと話した

しかし吸血鬼は、人間界を支配するようになってしまうと、今の楽しみを優先するようになったと嘆いた

幸一郎はゆずるを部屋に連れてくると、そこにはシェーンという名の男がいた

部屋で着物を着せられていたあかりを見つけたゆずるは、あかりに抱きついたが引き離されてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

吸血鬼の仲間になると答えたカケル

コイケはウシロに会員たちは吸血鬼だと教え、どうしたら倒せるのかと考えていたが、何か思いついた

ノアの父親はノアの頼みもあるので、特例でカケルを自分たちの仲間にしてやろうと言った

そんなノアの父はあることを思い出し、ノアの古い友人にカケルは似ていると言った

ノアの父の話を聞いたカケルは、吸血鬼の仲間になると答えた

ウシロはプールに前で演技して失敗したフリをして、ワインの瓶をプールに投げ入れた

しかしウシロは同じ格好をした吸血鬼に出くわしてしまい、やられてしまった

だが急にプールにいた吸血鬼たちは苦しみだすと、バタバタと倒れてしまった!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

血海のノアの続きはコチラ👇

「血海のノア」2巻を読んでみた感想

なんと死んでいたと思っていたあかりは、まだ死んでいませんでした

どうやら吸血鬼に噛まれた人たちは意識を失って、吸血鬼の思いのままになるようです

ノアに気に入られたカケルは、どうやら吸血鬼のコントロールが効かない特別な体質のようですね

選別会は血液型別に行われているようですが、最後に吸血鬼たちがバタバタと倒れていることにもどうやら関係があるようです

恐らく適合しない血液型に触れてしまうと、死んでしまうみたいですね

もしそうであれば、うまくいけば吸血鬼たちを一網打尽にできます

でもこれだけ一斉にやられてしまうと、残った人間を徹底的に監視して食糧にしようとする可能性が高いでしょう

カケルは吸血鬼たちの仲間になると言っていますが、本当になってしまうんでしょうか

次のお話がとても気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-血海のノア