読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情 ~ 4~6巻 ~夕美子と父のセックスを見てオナって射精していた清史郎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』4~6巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情」4~6巻の簡単なあらすじ

真琴に別れて欲しいという継母の夕美子

真琴が家に帰ってくると

清史郎に謎の美女が抱きついていた

真琴はその美女を帰すと

遠い親戚としか、話さなかった

 

仕事中も、あの美女が

気になっていた真琴だったが

コンビニに立ち寄ると

あの美女の夕美子が、声をかけてきた

夕美子は、清史郎の継母だった

清史郎が真琴を抱けないのは

自分のせいだと言った夕美子は

真琴に、清史郎と別れて欲しいと言った

 

すると夕美子は、真琴に

あのセックス写真を見せた

それは自分と清史郎の父のセックスを

清史郎が盗み撮りしていたというのだ

そして夕美子は、清史郎は

自分を愛しているのだと言って

清史郎の異常な愛を、受け止められるのは

自分しかいないのだと言った

 

⇒『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』の無料試し読みはコチラ

 

父に抱かれる夕美子が好きだという清史郎

真琴が家に帰ると、清史郎と夕美子が

キスをしていた

それを目撃した真琴は

清史郎は自分のものだと叫んで

二人の間に入り、夕美子を突き飛ばした

清史郎は真琴を落ち着かせようとして

真琴にキスをした

 

清史郎は夕美子を帰らせ

夕美子からどこまで聞いたのか訊ねた

真琴は、写真のことも聞いたと言うと

清史郎は、父親に抱かれる夕美子を

愛しているのだと言った

 

父と夕美子のセックスをずっと見ていた清史郎

清史郎の母は、清史郎を産んで死んでしまった

その後、家政婦としてやってきたのが

夕美子だった

清史郎の父は、夕美子を受け入れなかったが

夕美子は、亡くなった清史郎の母を愛している

清史郎の父を慕っていた

清史郎は、夕美子のことが好きになったが

それを知った清史郎の父は

愛する人を奪った存在として

憎んでいた清史郎を苦しめるために

夕美子を後妻にしたのだった

 

清史郎の父は、清史郎に見せつけるように

夕美子とセックスをした

清史郎は、二人のセックスを見て

オナニーをして射精していた

 

その生活に耐えられなくなった清史郎は

夕美子と家を出ようと言って押し倒したが

夕美子は父を愛しているのだと気づいて

奪われないと愛せないようになってしまったのだ

そのことを真琴に話した清史郎は

自分に自信がないのだと言った

 

⇒『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』の無料試し読みはコチラ

 

離婚届を出せない真琴

そこにやってきた浦川は

清史郎をぶん殴り、真琴を自分が守ると言った

浦川に抱きしめられた真琴は

こんな風に愛されたかったと思った

しかし真琴は、浦川を帰して離婚届を書いた

だが1週間経っても、やはりそれを

出すことができなかった

 

ふと真琴は、浦川に電話をかけたが

浦川は真琴が、自分を求めていないと言い

頭を冷やしたいので、時間が欲しいと言った

するとそこに清史郎から

離婚届を一緒に出しに行かないかと

メッセージが届いた

 

だが指定された場所へと行くと

そこにはなぜか夕美子がいた

夕美子は、一緒にいても傷つけあうだけなので

代わりに自分が離婚届を、出してくるというのだ

真琴は、このまま離婚届を出したほうが

いいのか迷っていると、そこに清史郎が現れた

 

本心を明かす清史郎

清史郎と離婚届を、出しに行くことになった真琴は

本当に別れることが、清史郎の望むことなのかと訊ねた

清史郎は、夕美子への愛は

もう既に無くなっていたが

真琴に、別れを選んで欲しかったと言った

しかし真琴が去るたびに

清史郎は、自分をコントロールできなくなっていた

 

清史郎は、自分を無視し続けたが

真琴はどんなに傷ついても

本当の自分を探してくれたと言い

真琴のことを愛していると言った

清史郎は、真琴が拒絶してくれれば

真琴から離れられると言ったが

真琴は、そう告白してくれた清史郎を

求めていたのだと言って抱きついた

 

清史郎との初めてのセックス

帰ってきた清史郎は、真琴を抱きたいと言って

真琴に、ついに挿入した

真琴は思わず喘ぎ声をあげてしまい

清史郎に貫かれ、真琴は女である悦びを

感じるのだった

 

⇒『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』の無料試し読みはコチラ

 

「僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情」4~6巻を読んでみた感想

清史郎の母は、清史郎を産んで

死んでしまったので、清史郎は父親に

憎まれていました

それで清史郎を苦しめるために

夕美子とのセックスを見せつけられて

清史郎は今のような歪んだ愛情を

持ってしまったわけです

そう考えると、清史郎は可哀想ですね

やはりいろんな性癖は、何か家庭の中で

問題があるので、生まれることが

多いのだと思いました

真琴は、ようやく本心を明かしてくれた

清史郎のことが、もっと好きになりました

ようやく清史郎とセックスできましたが

これからも続けられるといいですね

この後、どんな展開になってんでしょうね!

 

>>『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』を実際に読んでみましょう!

 

-僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.