僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情 ~ 1~3巻 ~浦川と抱き合っていた真琴を見て嫉妬心で勃起してしまうEDの清史郎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』1~3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情」1~3巻の簡単なあらすじ

セックスレスの真琴を清史郎

真琴と誠史郞は、付き合い始めて4年

結婚して2年経つが、セックスをしたことがなかった

そんな真琴に、浦川はもっとオシャレをしたほうがいいと言った

結婚式に参列した真琴は子供はまだなのかと聞かれても、考えたこともないと答えていた

かつて真琴は別の男と婚約までしていたが、若い女に浮気され別れた後は女を捨てて生きていた

そんな真琴はまたエロい男にセクハラをされたが、それを助けてくれたのが清史郎だった

ある日、清史郎と飲みにいった真琴に、清史郎は自分は女性を幸せにできないと言った

そんなことを言う清史郎となら、真琴は幸せになれる気がすると答えた

しかし清史郎は自分が、男として不能なのだと告白した

真琴はそういう清史郎が好きになった

しかし清史郎と結婚して暮らしていると、自分がいなくてもいいような気がした

清史郎は真琴に自分の人生を生きているので、自分には気を遣わなくてもいいと言った

どうして自分と結婚したのかと、真琴は思ってしまうのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

嫉妬心で勃起する清史郎

仕事を終え浦川と飲んでいた真琴だったが、浦川は以前から真琴が好きだと告白した

浦川は自分は本気だというと、真琴が人妻でも男として真琴が欲しいと言った

飲みを終えた後、真琴は浦川に手を握られタクシーで帰った

すると家の前で浦川に寄りかかっているのを、清史郎に見られてしまった

清史郎は真琴が他の男と抱き合っているのは初めて見たというと、いきなりキスをして真琴は自分の妻のハズだと言った

そして真琴を押し倒した清史郎のアソコは、ガチガチに勃起していた

それで真琴は、清史郎のアソコがどうして硬くなっているのかと思ってしまった

そして嫉妬で真琴に勃起している清史郎に迫られると、真琴は身体が逆らえなかった

しかし急に清史郎は冷静になると、いつもの清史郎に戻った

その後も、いつもの清史郎だったが、EDのはずの清史郎が勃起していたことを考えると、真琴は胸が苦しくなってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

浦川と寝て欲しいと頼む清史郎

浦川はエッチなことをしようとしたことを謝ったが、その後も真琴に抱きついてきたりして、明らかに真琴に女を求めてきた

そんな浦川の行為が、今の真琴にはそれほどイヤなものではなかった

真琴は清史郎に一緒に寝て欲しいというと、眠ってしまった清史郎のアソコは確認すると勃起していなかった

真琴が浦川と電話していると、清史郎は浦川は真琴に気があるのだと言った

それから清史郎は、しつこく真琴にメッセージを送ってきた

仕事部屋までやってきた清史郎は、そんなに浦川とのセックスがいいのかと言った

何を考えているのかと真琴が訊ねると、清史郎は真琴に、浦川に抱かれて欲しいと求めてきた!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

真琴に別れて欲しいという清史郎

そこにやってきた浦川に、真琴は自分を抱いて欲しいと言った

その言葉を聞いた浦川は、真琴を押し倒してキスをした

そんな様子を清史郎は、クローゼットの中から覗いていた

しかし真琴はやはりできないというと、清史郎が現れた

真琴は悪くないという浦川は、清史郎に真琴を大事にできなければ自分が真琴を奪うと言った

浦川が帰ると清史郎はいきなり真琴を押し倒して、真琴は自分のモノだと言った

清史郎が強引に真琴に挿れようとしたので、真琴は清史郎を引っ叩いた

すると清史郎はこのままだと真琴を壊してしまうので別れて欲しいというと、そのまま部屋を去ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

謎の男女のセックス写真

清史郎から、離婚届が届いた

だが真琴は清史郎を憎んだりできず、なぜか悲しかった

浦川は真琴を押し倒したことを謝ると、好きな女を幸せにすることが男の幸せだと言ってくれた

久しぶりに家に戻った真琴だったが、家の中は荒れ放題になっていた

清史郎は自分がいたから、いつも家の中をキレイにしていたのだと真琴は思った

真琴は離婚届を出して、自分は必要じゃなかったのかと訊ねた

すると清史郎は自分といると傷つけるからと言ったので、真琴は清史郎が自分を寄せ付けないほうが傷ついてしまうと言った

真琴は清史郎に本心を言うように求めたが、清史郎はまともに人を愛せないと答えた

すすると清史郎は真琴を抱きしめ、愛していると言った

だが清史郎のスマホと一緒に、ある男女がセックスする写真が置いてあった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情の続きはコチラ👇

「僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情」1~3巻を読んでみた感想

清史郎は、単なるEDではないようです

愛する人が、他の男に抱かれるのを見ると嫉妬心で勃起するようですね

真琴は婚約者を若い女に盗られてから女を捨てていたつもりですが、やはり女として扱ってもらいたい気持ちがあるみたいです

サッサと清史郎と別れて浦川と一緒になってしまえばいいようにも見えますが、やはり真琴は、清史郎のことが嫌いにはなれないようです

最後に出てきた謎の写真は、誰がセックスしている写真なのでしょうか

恐らくその辺りに清史郎が今のようになった原因が、隠されているのでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-僕の妻を抱いてください~寝取らせ夫の歪んだ愛情
-,