読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー 10巻 ~普通の恋愛ができないという浩之を抱きしめる朱里 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

“感じない身体”の私がまさか堅物でクールな課長に

開発されることになるなんて──

エロい見た目のせいで

遊んでいるイメージを周囲に持たれているOLの朱里(あかり)

しかし、実際は恋愛経験も浅く

自分の身体は“不感症”だと思い込んでいた

そんな朱里は、とある事情で同じ会社の浅倉課長に

住み込みの家政婦として雇われることに!!

浅倉課長が提示した雇用のための条件は

『不感症かどうか確かめること』

背に腹はかえられずその条件を飲んだ朱里だけれど

課長とのキスで生まれて初めての快感を知り

思わず「あたしを訓練してくれますか?」と口にしてしまい……!?

タイトル 恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー
作者 アキラ anzu
価格 300円(税抜き)

『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『恋愛不感症』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を今すぐ無料試し読み👆

 

「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」10巻の簡単なあらすじ

男はみんなHだけなのかと思ってしまう朱里

朱里は、浩之のデートは

ワンパターンだと言った

すると浩之は、所詮デートは

セックスまでの暇つぶしだと答えたので

朱里はドン引きしてしまった

浩之は、セックスで親睦を

深めればいいと言うので

朱里は、男の本音はやっぱり

Hだけなのかと思ってしまった

 

浩之をデートに連れ出す朱里

朱里は、早朝から浩之を連れ出し

公園へとやってきた

そこでなぜか鳩に、エサやりを始め

浩之は、センスのない

デートプランだと思った

 

その後、朱里の作った弁当を食べながら

浩之が付き合った、女の子の話をした

地味で家庭的な女の子に

ゴムに穴を開けられたという話を聞いて

朱里は、浩之も苦労してきたのだと言った

 

⇒『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』の無料試し読みはコチラ

 

子供が苦手だという浩之

すると浩之は、朱里にキスをしようとした

だが男の子に見られていたが

浩之は、それを気にせずしようとした

あまりに朱里が気にするので

浩之は、その男の子を睨みつけたが

男の子に、蹴られてしまった

 

…子供 苦手なんだよ

そういった浩之は、子供は嫌いだが

セックスは好きだと言ったが

朱里は、今日はしないと断った

二人は、散歩をしようとしたが

朱里は、手を繋ぎたいとねだったので

浩之は、ポケットの中で隠しながら

朱里と手をつないでくれた

 

童貞のようなセックスをしてしまう浩之

晩御飯も、ファーストフードで済ますと

朱里は、浩之に目をつむるように言った

目をつむった浩之を連れて

朱里は、どこかへと向かった

どこかへと到着して、浩之が

目を開けると、そこはラブホだった

朱里が、服を脱ぐと浩之がねだった

あのエロい下着をつけていた

思いがけないサプライズに

浩之は、嬉しいと言って

朱里を抱きしめた

 

今までで一番のデートだ

そう言って浩之は、朱里を押し倒し

すぐに挿入してしまった

我慢できない…

浩之は、まるで仕方を知らない童貞のように

朱里とセックスをした

 

浩之の子供!?

浩之は、前日のドヘタクソなセックスで

朱里を凝視できなくなっていた

朱里が、買い物から帰ってくると

一人の男の子が、マンションの中に入れず

ウロウロしていた

そこで朱里は、浩之を呼ぶと

その男の子は、浩之を指さした

この人!

なんと浩之が、自分の父親だと言うのだ!

 

そこに男の子の母親がやってきた

浩之ー💗

久しぶりー

そう言って母親は、浩之に抱きついた

真樹っ

朱里は、真樹は元カノだと思ったが

なんと真樹は、浩之の従姉妹だった

そして真樹の子供の英之は

浩之の従甥だというのだ

 

真樹は浩之に、2日間だけ

英之の父親代わりになって

預かって欲しいと頼んだ

英之は、すぐに朱里になついたが

浩之は、英之と遊ぼうとはしなかった

 

朱里は、英之とお風呂に一緒に入ろうとしたが

浩之は、男は生まれたときから男だと言って

二人が一緒に、お風呂に入ることに反対した

お風呂に入ると英之は

早速、朱里のおっぱいを触りだした

そこに嫉妬した浩之がやってきたので

二人を見た朱里は、二人がエロいのは

男だからではなく、血筋なのだろうと思った

 

⇒『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』の無料試し読みはコチラ

 

浩之に家庭が欲しいという朱里

朱里は、食事を食べ終えた浩之と英之が

テレビを見ている姿を見て

結婚したら、こんな生活をするのだろうと思った

こんな生活もいいと思った朱里は

浩之は、どう思っているのかと思ってしまった

 

英之が眠った後、浩之は

朱里と英之が、仲良くしているのは

良い気分じゃないと言った

自分が大人げないという浩之を見た朱里は

思わず浩之に、キスをしてしまった

 

真樹が英之を迎えに来て

また二人だけの生活に戻った

朱里は、さみしいと言って

自分もこんな家庭を持ちたいと

浩之に言った

ボーとしてしまった浩之は

なんでもないと言って

その場を去ってしまった

 

朱里を避ける浩之

その後も、浩之の様子が

やはり変だった

会社では、いつもの浩之なので

朱里にとっては、会社にいたほうが

居心地がよかった

自分が避けられていると思った朱里は

浩之に、家庭が欲しいと言ったので

引かれてしまったのだと思った

 

朱里は、清治に今の状況を相談して

無神経だったと言った

だが清治は、朱里が気を遣って嘘を言わないのは

それが一番相手に、失礼だと分かっているからだと言い

そんな朱里のままでいいと言ってくれた

 

夜、朱里は浩之と一緒に寝たいというと

浩之は、キスしてくれたが

セックスはしてくれなかった

家庭を持ちたいという自分の気持ちは

自然に芽生えたことだが

浩之はそうではないのだろうと思ってしまった

 

普通の恋愛ができないという浩之

朱里は、ベッドの下からエロDVDを見つけた

それで帰宅した浩之に冷たく接して

自分が家庭を持ちたいと言ったからなのかと言った

浩之は、単にカッコつけられる余裕がなくなったといい

自信を取り戻すために、エロDVDを見ていたと言って

顔を赤くして恥ずかしがった

 

そして浩之は、自分はオッサンで

普通じゃないので、普通の恋愛は

できないと言った

朱里は離れたければ離れてもいいと

浩之が言うと、朱里はそんな浩之が

余計に好きになったと言って、抱きついた

 

⇒『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』の無料試し読みはコチラ

 

「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」10巻を読んでみた感想

なんだか浩之は、だんだん情けない感じに

なってきましたが、そんなところが

朱里にとっては、余計に好きになってしまうようです

今までは、朱里が浩之に

恋愛不感症を治すために、レッスンを

受けていましたが、今では浩之が

朱里のレッスンを受けている感じですね

お互い恋愛に対して自信がない状態ですが

相手がどうやったら不感症を

克服できるのかを考えることで

それが自分の不感症に向き合うことにもなるので

不感症克服のきっかけになっていくでしょうね

なんとなく朱里と浩之の関係も

良い方向に向かいつつあるように感じます

あとは浩之が、家庭を持つことに抵抗が

なくなれば、二人は結婚できるかもしれませんね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『恋愛不感症』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を今すぐ無料試し読み👆

-恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.