監獄実験―プリズンラボ― 9巻 ~原川をモンスターにするために監禁ゲームを企てた本当のボス のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『監獄実験―プリズンラボ―』9巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『監獄実験―プリズンラボ―』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「監獄実験―プリズンラボ―」9巻の簡単なあらすじ

江山に殺してという彩

新村は長峰に原川が九字間を殺したというと、江山のゲームが終わって抵抗されれば殺すように求めた

その頃、原川は江山に彩は好きかと聞くと、江山は今はイジメられないので好きだと答えた

本当はゲームを止めたいという原川に、江山はそれでも結末は変わらないと言った

部屋を出てきた原川に、三崎は本当に死んだのかと田島が訊ねてきた

原川は田島には関係ないと答えると、田島は原川が本当にボスを殺したのかと訊ねた

すると原川はボスは生きていて、絶対に思い通りにはさせないと言った

江山は、彩のところに来ていた

彩にどうして自分のことが好きになったのかと訊ねると、彩は、江山は弱かったので気になったのだと答えた

江山は強い人が彩は好きなんだろうと言うと、彩は弱い人なら自分の弱さをわかってくれそうだったからだと答えた

そして彩はもう自分を殺していいと言ったので、江山は彩の首を絞め始めた

しかし彩は死にたくないと言いだすと、弟たちや奈美を守らないといけないと言った

江山はいじめていたのだから殺されて当然だというと、自分も彩のことが好きだと言った

すると彩は江山のことが大嫌いだと言って、彩はグッタリとしてしまった

すると江山は原川の言葉を思い出し、やっと彩の言っていたことの意味を理解することができ、彩にごめんと謝った

そして江山は監禁部屋を出て、ナイフで自分の胸を刺したのだった!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

本当のボス

その様子を見ていた原川は、耐えきれずにPCを閉じた

そこに新村がやってきて、ようやくゲームが終わったと言った

新村は原川に、このままだと九字間殺しをやったことになっているので、消されてしまうと脅した

そして新村はゲーム関係者を全員殺せば、江山がやったことにして助かると言った

新村は原川に、10年前の監獄実験のようにモンスターになるように求めた

だが原川は、もう自分はモンスターにはならないと答えた

そして本当のボスは、新村だというと拳銃を向けた

しかし新村は、原川の拳銃を使えないようにした

そこにやってきた長峰に、原川を殺すように言った

原川の足を撃った長峰に、原川は自分を殺す役を長峰に与えたのかというと、長峰に本当のボスは新村だと教えた

原川は九字間の部屋に行った際、盗聴器を仕掛けていた

そして原川が去った後、部屋にやってきた新村の会話を録音していたのだ

新村は、とうとう自分がゲームの首謀者だと認めた

そして長峰に、原川を殺すように命令した

ためらう長峰は、どうしてこんなことをするのかと訊ねた

新村は父親が死んで相続した養護施設の子供を、監獄実験でモンスターにすることを計画したのだと話した

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

原川をモンスターに戻すための監禁ゲーム

その実験で原川はモンスターになったが、そのモンスターを再現したいのでまた監禁ゲームを企んだのだった

新村は原川に、どうして九字間が偽物だと分かったのかと訊ねた

嘘だと分かった理由を原川は話すと、長峰はどうして新村が自分でやらないのかと聞いた

新村は復讐から逃れるからだと答え、原川の殺戮ショーが見たかっただけだと言った

原川は自分が新村を殺して、この監獄実験を終わらせると言った

新村を殺せない長峰とともに原川を殺そうとしていた新村を、そこに現れた江山が刺した

江山は、三崎から新村が怪しいと聞いていたと言った

だが新村は自分が監獄実験を企てたが、原川は自分が彩の実姉の都をレイプしたので、それを思い出してしまうために彩もレイプしたのだと言った

原川は、彩のレイプは自分がきっかけだと認めた

新村は江山に原川を殺すように要求したが、江山はそう追い込んだのは新村の仕業だと言って睨みつけた

すると新村は逃げ出したので、江山は長峰に奈美を頼んで新村を追いかけていった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

生きていた彩

奈美の部屋に、三崎がやってきた

三崎はまた奈美を人質にして施設を逃げだそうと考えていたが、奈美には人質の価値がないと分かると置いていこうとした

それで奈美は三崎について行くことにした

そして奈美は友だちのいない三崎に、既に友だちだから彩も助けて欲しいと頼んだ

新村は田島に江山たちを殺すように言って医務室へと去ると、そこに江山がやってきた

田島は江山を殺そうと拳銃に手をかけたが、そこに三崎がやってきて銃撃した

田島は濱を殺した三崎が生きていたと知り、これで自分の手で三崎が殺せると喜んだ

三崎と江山は新村を追いかけようとしたが、そこに奈美がやってきた

田島は奈美を人質にとったので、三崎は自分が奈美を助けると言った

三崎はエレベーター前にやってくると、田島は銃を捨てるように要求した

三崎がそれに従ったので、田島は三崎を殺そうとしたが、そこに長峰がやってきた

田島の隙を見て三崎は持っていた注射器で田島の肩を刺したが、田島は上の階に逃げた

長峰は新村の拳銃が使えるというと三崎に渡そうとした

しかし三崎は自分の武器があると言って自分の部屋に戻り、チェーンソーを取り出した

長峰は自分は勝又たちを見殺しにしたというと、自分も戦うと言った

そんな長峰に三崎は、自分が死んだら逃げるように言った

そこに奈美はおしっこがしたいといって逃げようとしたが、それを米澤に止められた

原川は、新村を追った江山のことを考えていた

するとPCから、彩の声が聞こえてきた

なんと彩は、蘇生していたのだ

それを知った原川は、彩のいる監禁部屋へと急いだ

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

監獄実験―プリズンラボ―の続きはコチラ👇

「監獄実験―プリズンラボ―」9巻を読んでみた感想

まだ本当のボスは現れていないと思っていましたが、新村が本当のボスでした

相続で手に入れた養護施設の子供たちを殺人マシーンにするために、監禁実験をしていました

そこでモンスターになってしまったのが原川でしたが、その際、彩の姉の都をレイプしていました

原川はそれを後悔しているようですが、やはり悪いのは新村です

新村は自分の手を汚さないようにやっていたので、本当にクズ野郎だと思います

彩は死んでしまったと思っていましたが、どうやら気絶していただけだったようです

まだ江山それを知らないでいますが、新村との対決はどうなるでしょうか

やはりなんとか新村を倒して、彩のところに戻って欲しいです

次巻で最終回ですが、どんな結末が待っているのかとても楽しみですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-監獄実験―プリズンラボ―