1122 3~4巻 ~美月に剣山をアソコに突き刺されてねじ込まれたおとや のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『1122 』を3~4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『1122』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

「1122」3~4巻の簡単なあらすじ

口に残った礼のキスの味

ギックリ腰で、家で寝込んでいたおとやは、いちこにその事を伝えた

それでもいちこは、礼に会うためホテルの中に入った

やってきた礼はいちこの肩を揉んであげると、ベッドでキスをした

 

しかしいちこは、おとやがギックリ腰になったと礼に話すと気になっていると言った

それで礼は仕方ないと言うと、いちこはもう一度礼にキスをねだった

 

家に帰ってくると、おとやはとても嬉しい表情をした

おとやにごはんを作ってあげたいちこだったが、いちこの口にはまだ礼の甘い味が残っていた

 

弱っているおとやは、年をとったときのことをしきりに話した

そしていちこはおとやの体を拭いてあげたが、思わず礼の身体を、思い出してしまった

 

美月は息子を実家に迎えにいくと、母は自分が元気なうちは協力できるが、息子の将来のことは夫婦で話し合って決めるように言った

そう言われた美月は、自分が夫や息子から目を逸らしていたのだと気づいた

 

自分がクズなのかと思ったおとや

いちこは、また五代と食事した

そしていちこは風俗に行ったことを話すと、五代は引いてしまいホストにハマる中年女性と同じだと言った

五代は浮気をしているおとやへの仕返しなのかと訊ねると、いちこはそんなつもりではないと答えた

 

いちこがおとやを拒否ったことで、おとやは心が折れてしまったが、生け花を始めたおとやは急に元気になった

いちこは自分に責任があるというと、今のような公認不倫を始めたのだ

 

おとやはまた美月と会うと、美月は自分と息子の3人で暮らさないかと聞いた

しかしおとやは、その美月の問いに向き合うことはできなかった

そして公園で美月のことを考えていたおとやは、やはりいちこと離婚する覚悟はなかった

それでおとやは、自分はもしかしてクズなのではと思ってしまった

 

⇒『1122 』の無料試し読みはコチラ

 

不倫がバレていたと知った美月

美月は、結婚前にストーカー被害に遭っていた

そんな美月を助けてくれたのが、今の夫だった

帰宅した美月の夫は、シンガポールへの転勤が決まったと言った

 

美月は単身赴任できないかと聞くと、夫は美月は東京から離れたくないから、そんなことを言っているのだと答えた

夫は美月に母親として胸を張れる人間でいてくれと言ったので、美月は不倫がバレていると知った

 

おとやにシンガポール行きを伝える美月

またれんれんと会っていたいちこは、とうとう風俗に行ったことを話した

れんれんは正当な権利だと言ってくれたが、いちこはおとやに知られたくないというと、やはり不倫を割り切ることができないと話した

 

家でおとやとDVDを観ていたいちこだったが、おとやは急にいちこの手を握った

だがそこに美月から電話がかかってきた

美月は会って話したいことがあると言ったので、おとやは美月と会うことにした

 

美月はおとやに、夫のシンガポール行きを伝えた

そして美月は、もう少しだけ仲良くして欲しいと言ったが、おとやにはそれが何を意味しているのか分からなかった

 

おとやのスマホを盗み見してしまういちこ

おとやの誕生日に、いちこはお寿司屋へ行こうと思っていた

おとやは、美月から誕生日の日に最後に会いたいと言われ、約束してしまった

いちこからお寿司屋へ行こうと言われたおとやは、取引先との会食だと嘘をつき、美月との約束を優先してしまった

だがいちこはおとやが嘘をついていると気づくと、お風呂に入っているときにスマホの中を盗み見してしまった

 

⇒『1122 』の無料試し読みはコチラ

 

剣山をアソコに突き刺されてしまったおとや

いちこはおとやの誕生日に、礼と会う予約を入れてしまった

そしてラブホで礼にマッサージをしてもらい、身体やアソコを舐めてもらうといちこは思わず喘ぎ声を出してしまった

 

ホテルで美月と会っていたおとやは、美月からセックスを求められた

おとやは美月と友だちになりたいと言って、いちことはビミョーな関係だと話すと、お互い家庭に向き合っていこうと言った

しかし美月はそれで夫婦の再構築を宣言できて、それでいい気分なのかとキレてしまった

 

美月は近くにあった剣山で、おとやのアソコを刺してしまった

しかしその頃、いちこは礼に挿れられていた

 

アソコが血まみれになったおとやに、美月はおとやが好きで憎らしかったと言った

そして自分と別れても、他の人とセックスして欲しくないと言った

しかし美月は救急車を呼ぼうとしたが、おとやはそれを止めた

 

夫に不倫は終わったと伝える美月

セックスを終えたいちこに、礼はセックスレスなのかと訊ねた

いちこがこれまでのことを話すと、礼はいちこはおとやに恋人ができたことが、普通にイヤだったのではないかと言った

それを聞いて泣き出したいちこに、おとやに正直に自分の気持ちを話してみたらと礼は言った

 

アソコが血まみれのおとやは、なんとか病院へと行って治療してもらった

そして音也はセックスは出来るのかと訊ねたが、医者は物理的にはできるがメンタル面で影響が出ると答えた

 

いちこはおとやに公認不倫を、止めてもらおかと思いながら帰っていた

帰宅するとおとやは寝込んでいたが、またおとやはまた腰が痛いと言い出した

しかしいちこは誕生日おめでとうというと、寝室を出ていってしまった

 

美月の夫は、美月に不倫は終わったのかと訊ねた

美月の顔に血がついていることに気づいた夫に、美月は終わらせてきたと答えた

バカなことをやったという美月は、自分を殴ってもいいと言ったが、夫は美月が好きなので殴らないと言った

 

⇒『1122 』の無料試し読みはコチラ

 

美月をレイプしようとする夫

おとやは、会社を休んでしまった

プラネタリウムを見ながら、昔、いちこと山に登って一緒に天の川を見たときのことを、おとやは思い出した

そしていちこが誕生日のプレゼントのお酒をおとやと一緒に飲みたいと言ったのを断ったのは、自分がいちこと向き合っていなかったからだと気づいた

 

帰宅したおとやはプレゼントのお酒を飲もうといちこに言ったが、いちこはおとやにケガをしているのかと聞いた

ギックリ腰だと言うおとやに、いちこは血のついた服を見つけたというと、おとやのスマホを見たといういちこは何があったのかと聞いた

 

おとやは嘘をついていたことを謝り、美月とは別れて剣山でアソコを刺されてしまったと答えた

それを聞いたいちこは、泣きながら謝った

おとやは自分のせいだと言ったが、いちこは自分がおとやと向き合っていなかったのだと言った

 

おとやもつられて泣き出してしまい、いろいろ話してありがとうと言った

おとやはいちこを抱きしめてくれたが、いちこはおとやが刺されていたとき、礼とセックスしていたことに罪悪感を持ってしまっていた

 

美月はまた夫と話し会いがしたいというと、夫はいきなり美月をレイプし始めた

強引に美月にキスをする夫の口を、美月は噛んで出血させた

部屋を去ろうとする夫に美月は、自分をもっと人間として見て欲しいと言った

 

妊娠検査薬を買う美月

翻訳のバイトを始めた美月は、思い切って髪を切った

そして息子にはがんばってかっこいい人になると言って寝かしつけた美月は、思わず息子を産んだときに、夫が喜んでくれたことを思い出した

 

れんれんと会ったいちこは、初の風俗体験のことを聞かれた

礼のテクはよかったといういちこに、れんれんはこれから夫婦のセックスに満足できるのかと心配した

 

帰宅したいちこは、おとやの横に並んで一緒にお酒を飲んだ

おとやは突然、アソコのケガは治ったみたいだというと、今夜はしようと言った

 

その頃、美月はドラッグストアに買い物に出かけ、妊娠検査薬を買っていた

 

⇒『1122 』の無料試し読みはコチラ

 

1122の続きはコチラ👇

1122 5~6巻 ~いちこが風俗通いをしていたことを知って家を出ていってしまうおとや のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「1122」3~4巻を読んでみた感想

いちこは風俗へと行ってしまいましたが、おとやは美月との不倫を終わらせたので、どうやら夫婦関係は戻りつつあるようです

でも美月は、妊娠してしまったかもしれません

恐らく夫のシンガポール行きが決まって、おとやと一緒に暮らすために仕組んだのかもしれません

もし本当に妊娠していたら、おとやはどうするでしょうか

それで簡単に、いちこと別れて美月と一緒に暮らしたいとは思わないハズです

でもいちこは、美月の妊娠を知ったらどういう反応を示すでしょうか

ようやく夫婦仲がよくなってきたのに、また風俗にハマってしまうかもしれませんね

 

>>『1122』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『1122』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『1122』を実際に読んでみましょう!

 

-1122

© 2020 まんがコミック大好き日記