ガンニバル 2巻 ~獣臭い男の存在を隠そうとする後藤家の人々 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『ガンニバル』を2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『ガンニバル』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「ガンニバル」2巻の簡単なあらすじ

ウソの証言をして『あの人』を隠そうとする後藤家の人々

大悟は大けがを負った状態で、山の中で発見された

そして病院で目覚めた大悟だったが、病室には恵介たちも来ていた

後藤家の奴らに殺されそうになったと大悟が言うと、恵介たちは全部後藤家のせいだと言って謝ってくれた

しかし大悟を襲った男たちの一人の兄が大悟の頭を斬りつけたと言って謝ったのだが、その男の兄は大悟が手錠をかけていたので斬りつけるのは無理な状態だった

それで大悟はコイツらは、ウソの証言をしていると思った

大悟は自分を斬りつけたあの獣臭い男は、誰なのかと聞いた

その問いにキチンと答えなかった恵介は、陸夫には気をつけるように忠告して去っていった

供花村を去るすみれ

大悟のスマホを手に入れていた陸夫は、鑑識医の中村の留守電を聞いていた

大悟は陸夫を逮捕するために勝手に退院して、家へと戻ってきた

すると家には供花村を去る前に、家を見に来ていたすみれがいた

すみれは父親が後藤家の奴らにに殺されたのは気づいていたので、父親が最後にかけていた電話番号を大悟に渡した

そして自分が父親について知っているのはこれで全部だというと、後藤家の奴らは狂っているが恵介だけは別だと言って、そのまま村から去っていった

有希は3人で村を出ること考えようと言ったが、大悟はましろが拾って自分に渡したのは前任の狩野の指だろうと言った

そしてましろと有希には、この駐在所を出たほうがいいと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

大悟に後藤家には関わるなと言う署長

大悟は鑑識医の中村から留守電が入っていたことに気づいたが、その頃中村は指を陸夫にへし折られて、大悟を呼び出すように脅されていた

大悟は警察署に行くと、署長に前の駐在の狩野は後藤家の奴らに殺されたと訴えたが、署長は大悟に後藤家には関わるなと忠告した

そして署長は狩野のことはもう一度調べ直しをするが、大悟には捜査からは外れるように言った

その後、大悟は中村のいる病院へと向かい始めたが、途中で陸夫が運転するダンプに衝突されそうになった

しかし睦夫は大悟を殺しにやってきたのだと思いきや、なぜか自首してしまった

陸夫は狩野を殺したのは自分だと自白すると、供述どおりに狩野だと思われる死体が発見された

それで大悟は後藤家の人々は、狩野殺しを隠そうとしているのではないのだと気づいた

署長はまた大悟に後藤家には関わらないように言っていたが、狩野の死体に手を合わせにきた恵介は、大悟にまたいい関係を築いていこうというと去っていった

大悟にはその気は全くなかったが、狩野の死体を見ていた大悟は、狩野の肩に誰かが喰ったような痕があるのを見つけてしまった

つまり奴らが大悟を遠ざけたかった本当の理由は…

狩野の死は自分たちにも責任があるというさぶ

狩野の死体が見つかったことで、供花村は平和になったように見えた

そして感情をなくしていたましろにも、ようやく笑顔が出るようになっていた

だが大悟は、狩野が狂った原因は後藤家だけでなく、その他の村民たちにもあったことに気づいていた

そしてどうして狩野が、あんな風に狂ってしまったのか気になっていた

大悟は山で助けてくれた消防団の飲み会に誘われ歓待されていたが、大悟が後藤家には若い男が多いと話すと、なぜか一気に静まりかえってしまった

すると大悟を誘ったさぶは、狩野が死んだのは自分たちにも責任があるのだと言いだしたので、大悟は誰も責められないと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ロリコン野郎の翼を射殺した大悟

ましろをおんぶして有希と道を歩いていた大悟は、5ヶ月前のことを思い出していた

その頃、大悟は刑事をしていたが、かなり荒い捕まえかたをしていた

その頃、ましろはしっかりして元気な女の子だったが、ロリコン野郎の翼に狙われていた

ロリコン野郎の翼は手先が器用で、子どもたちに紙飛行機などを作ってあげたりして、面倒見のいいお兄ちゃんだと思われていた

だが実際には子どもたちに裏で変態行為をしていたが、ましろにはまだ手を出していなかった

そして大悟は翼を捕まえたが、翼は大悟にましろは天使なので愛していると言っていた

ましろは翼の部屋へ行くと、これまで自分にいろいろ教えてくれたとお礼を言った

しかしやはり両親には迷惑をかけられないので、翼に別れようと言った

そこに大悟がやってくると、ましろがいると知った大悟は翼を殴りだした

それを他の刑事に止められてしまった大悟は、翼はロリコン野郎だと言った

ましろは翼がロリコン野郎だと知っていたが、なぜか嫌いになれなかったと答えた

そしてまりろは大悟に、翼を殴っても余計におかしくなるだけだというと、翼は本当はやさしい人だと言った

すると翼はましろは自分のモノだというと、ナイフで他の刑事を斬りつけてしまった

そしてましろを捕まえると一緒に死のうと言った

しかしそんな翼の頭を、大悟は拳銃で撃ち抜いて殺害してしまった

翼を射殺した大悟はましろに駆け寄ると、ましろは失禁していた

そして大悟からは血の味がするというと、そのまま気絶してしまった

やっと意識を取り戻したましろだったが、表情が消えしまい話すこともできなくなってしまったのだった

狩野を村八分にしたのは後藤家以外の奴らだという恵介

新年を迎え初日の出を見て帰ってきた大悟は、自分を見捨てなかった有希にありがとうとお礼を言った

やはり射殺した翼の顔が思い浮かんでしまうというと、やはり自分一人では耐えられなかったと言った

すると有希は、3人で生きていくしかないのだと答えた

そして有希は大悟に馬乗りになると、そのままキスをしてセックスをし始めた

しかし大悟が窓の方をふと見てみると、誰かが自分たちのセックスを覗いていた

それで大悟が家の外に飛び出ると、一人の男が逃げていった

そして家の壁には人殺しと落書きされていたが、そこにやってきたさぶが落書きを消してくれて、大悟の力になると言ってくれた

大悟は事件があったと通報があったので。現場にやってくると恵介も来ていた

恵介は鹿を車で轢いたのだというと、有希とのセックスを覗いていた男を許して欲しいと言った

それで大悟は落書きのことを聞くと、覗きをした男は知らないと答えたので、大悟は後藤家の奴ら以外に誰がやるのかと叫んだ

するとまだだ息のあった鹿にトドメを刺した恵介は、大悟に自分たちと揉めるつもりなのかと聞いた

大悟は恵介たちが仕掛けてきたと主張すると、覗きをした男は、狩野を村八分にしていたのは後藤家以外の奴らだのだと言った

その頃、すみれは自分の母親のいる病院へとやってきてた

既に気が狂っていた母親は、しずくが誰かも分からなくなっていた

すみれは母親に狩野は消えてしまったというと、母親はだから逃げろと言ったのだと言った

そして母親は、そのまま逃ゲロと連呼し始めてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ガンニバルの続きはコチラ👇

「ガンニバル」2巻を読んでみた感想

一見、まともそうに見える後藤家以外の人々も、どうやら狩野の家族を村八分にして追い込んでいたようです

ただの一般人にやっていたならまだ分からなくはないですが、相手は警察官の狩野です

あんなに狂うまで追い込むなんて、ちょっとした無視などではできないのでどんなことをしていたのかとても気になってしまいます

後藤家の人々は、あの人と呼ばれる獣臭い男をひたすら隠そうとしています

あの男にはどんな秘密が隠されているのかはまだよく分かりませんが、その内どんな奴なのかは判明してくるでしょう

今のところ大悟たち家族は狩野のように村八分にされていませんが、ちょっとしたことがきっかけで村八分にされてしまうかもしれません

そうなると大悟も狩野のように狂ってしまうかもしれないので、これから大悟たち家族がどうなっていくのかとても心配になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-ガンニバル