読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

神軍のカデット

神軍のカデット 4巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

青くまばゆい陸軍幼年学校編、ここに終幕!

最愛の女性・松園こひろを宗教団体・豊天会の広瀬に殺された橘英治は

黒龍の眷属が持つ心理操作の能力を使い、豊天会の幹部ら50名強を殺してしまう

黒龍の眷属の力に気づいた憲兵隊の芳岡中尉は画策を始める

青き陸幼生徒の物語、これにて終幕

橘、有賀の成長の行方を見逃すな!!

 

「神軍のカデット」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「神軍のカデット」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「神軍のカデット」の試し読みはコチラ♪

 

 

「神軍のカデット」4巻の簡単なあらすじ

豊天会を壊滅させた黒龍の力

こひろを殺した豊天会に、黒龍の力を使って幹部たちを自殺させた橘

吉岡はその力に驚く

正英に橘と黒龍の姿を見た者がいると報告する

陸軍大臣の猪垣は、正英に憲兵隊を退かせるように手紙を出す

手紙を持ってきたのは吉良

フミを匿っていた吉岡は、橘を神に仕立てる計画を思いつく

 

有賀は母から橘のことを聞かれる

守る意味を考えていた有賀

母は、悩むことは相手の先のことを見て考えているからだと言ってくれた

 

橘はこひろを殺した豊天会に、黒龍の力で報復してきたことを竹に伝える

力を律しきれなかった橘を、軍人失格だと言って殴る竹

 

吉良は憲兵隊に捕らわれて、異動になっていた

吉岡に拷問を受ける吉良

黒龍のことを尋問する

 

橘は落とし前をつける必要があるという竹

竹自信も橘を一人にしてしまったことに責任感を感じ、遺書を書いていた

二人を止めようとする有賀

 

吉岡は橘を実家に返して何かを企んでいた

黒龍の力に支配された橘の家に入る有賀たち

 

黒龍の力に飲み込まれようとする橘

正英は橘を殺し、自身も死のうとする

橘を刺す正英

そこに有賀たちがやってくる

正英は日露戦争のときの黒龍の力のことを話す

死ぬまでロシア兵に向かっていく兵士たち

多くの部下を失くしてしまった正英

正英の切腹を止める有賀

黒龍が橘の刺し傷を治してしまう

 

陸軍は、正英の排除に動き出す

また、正英は橘を刺そうとする

橘は無用な争いをなくしていきたいと父に話す

橘に強くあるようにいう正英だったが、陸軍の兵士の銃弾に倒れる

目の前で父を失った橘は、また黒龍の力に飲み込まれていく

橘の悲しみを感じる有賀は、橘に起こったことに触れる

憎しみ… 黒龍に飲み込まれていく橘

橘を守ろうとする有賀に、狼が現れ二人を黒龍から開放する

 

陸幼学校を卒業する有賀

陸軍幼年学校を卒業した有賀

永峰からは力を持つことと守ることを考える機会を与えられたと有賀にいう

 

橘に尊敬しているという有賀

橘は贖罪の意識を抱え、強大な力の重圧を背負う

そんな橘を追いかけ、守りたいと思う有賀だった

 

神軍のカデット 陸幼編 完

 

「神軍のカデット」4巻を読んでみた感想

致命傷となる傷を受けても治してしまう黒龍の力

豊天会の幹部も操って殺してしまうその力は、強大で

陸軍にも利用されようとしています

その力をこれからも背負い続ける橘は、とてもつらいことでしょう

有賀はそのことが分かっているので、力をつけて橘を守ろうと誓いました

これから士官学校へ進む有賀

橘の力を利用しようとしているのは陸軍だけでなく、吉岡も何か企んでいるようです

これからどうなっていくのか、これからのお話からも目が離せないですね!

 

「神軍のカデット」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「神軍のカデット」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「神軍のカデット」の試し読みはコチラ!

 

-神軍のカデット

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.